監督選びより難しい 侍メンバー巡るプロ対アマの綱引き

公開日: 更新日:

「アマの意見も尊重しないといけない」

 ある委員のひとりはこうつぶやいた。

 5日、20年東京五輪野球の代表監督について協議する侍ジャパン強化委員会が開かれた。井原委員長(日本野球機構事務局長)は、歴代の五輪(正式競技となったアトランタ以降)、WBC監督らに個別のヒアリングを行った上で、次期監督を選定する見通しを明らかにした。

 すでに次期監督候補には、09年WBC世界一監督の原辰徳氏、04年アテネ五輪代行監督を務めた中畑清氏らの名前が挙がっている。野球が復活する東京五輪では、金メダル獲得が代表の使命。野球は欧州で人気がなく、試合時間が長いこともあって08年北京五輪を最後に除外されている。競技としての復活は東京大会限りともっぱらだ。翌21年にはWBCも控えており、「五輪はWBCとも連動する。オールプロで勝負に徹するべき」との声があるのも確かだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  7. 7

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    世界中が注目!子猫を救出した消防士が“男泣き”したワケ

  10. 10

    ようやく初入閣…北村地方創生相の“髪型”に秘められた事情

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る