侍ジャパン “ポスト小久保”人事より「GM選びが先決」の声

公開日:

「編成面の責任者が必要不可欠だ」

 小久保監督の後任人事を進める侍ジャパンにこんな声が上がっている。

 先のWBCで準決勝敗退に終わった侍ジャパンは今、プロアマ合同の侍ジャパン強化委員会が中心となり、第1回WBC監督の王貞治氏(76)ら歴代代表監督から順次ヒアリングを行っている。

「全世代の侍ジャパンに対する強化・支援体制を固めるための議論を深めたい」と、同委員長で日本野球機構(NPB)の井原事務局長は語っており、5月15日に開かれる日本野球協議会の幹事会に報告するため、編成の責任者であるGM(ゼネラルマネジャー)制の導入も議論の対象になるとみられる。

 前回大会の問題点の一つは編成面にあった。代表常設化前の人事だったとはいえ、小久保監督を選んだ責任の所在はボヤけている。12球団との窓口になった事務方はいたものの、実質的に選手招集に奔走したのは小久保監督だった。日本ハムの大谷翔平が代表を辞退した際には、代表と12球団との協力体制にも疑問符がついた。こんないい加減な状態で日の丸を背負わされる選手はたまったものではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る