侍ジャパン “ポスト小久保”人事より「GM選びが先決」の声

公開日: 更新日:

「編成面の責任者が必要不可欠だ」

 小久保監督の後任人事を進める侍ジャパンにこんな声が上がっている。

 先のWBCで準決勝敗退に終わった侍ジャパンは今、プロアマ合同の侍ジャパン強化委員会が中心となり、第1回WBC監督の王貞治氏(76)ら歴代代表監督から順次ヒアリングを行っている。

「全世代の侍ジャパンに対する強化・支援体制を固めるための議論を深めたい」と、同委員長で日本野球機構(NPB)の井原事務局長は語っており、5月15日に開かれる日本野球協議会の幹事会に報告するため、編成の責任者であるGM(ゼネラルマネジャー)制の導入も議論の対象になるとみられる。

 前回大会の問題点の一つは編成面にあった。代表常設化前の人事だったとはいえ、小久保監督を選んだ責任の所在はボヤけている。12球団との窓口になった事務方はいたものの、実質的に選手招集に奔走したのは小久保監督だった。日本ハム大谷翔平が代表を辞退した際には、代表と12球団との協力体制にも疑問符がついた。こんないい加減な状態で日の丸を背負わされる選手はたまったものではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  7. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  8. 8

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る