権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

小久保監督の手腕については選手が「答え」を知っている

公開日: 更新日:

 準決勝の米国戦に敗れたあと、ドジャースタジアムのロッカールームで最後のミーティングが行われた。小久保裕紀監督(45)に続いて挨拶を促された私は、「みんなとこんなにいい戦いができた。ありがとうございました」と短く言った後、何げなく監督の方に視線を向けると、彼の目が潤んでいるように見えた。

 小久保監督は感受性の豊かな指揮官だった。試合中こそ、特にピンチでは表情を変えず、腕を組み、ジッと我慢の人を貫いていたが、ゲームが終わると、それが一気に解放され、人間味が顔を出す。試合後のミーティングで選手の奮闘を称えるとき、何度となく感極まる姿を見た。人によってはそれを「甘い」と評するかもしれない。だが、私はそうは思わなかった。世界一奪還という大きな重圧を背負いながらも、常にチーム、そして選手のことを第一に考えているのが分かっていたからだ。

■裏方に何度もお酌を

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  10. 10

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

もっと見る