• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

小久保監督の手腕については選手が「答え」を知っている

 準決勝の米国戦に敗れたあと、ドジャースタジアムのロッカールームで最後のミーティングが行われた。小久保裕紀監督(45)に続いて挨拶を促された私は、「みんなとこんなにいい戦いができた。ありがとうございました」と短く言った後、何げなく監督の方に視線を向けると、彼の目が潤んでいるように見えた。

 小久保監督は感受性の豊かな指揮官だった。試合中こそ、特にピンチでは表情を変えず、腕を組み、ジッと我慢の人を貫いていたが、ゲームが終わると、それが一気に解放され、人間味が顔を出す。試合後のミーティングで選手の奮闘を称えるとき、何度となく感極まる姿を見た。人によってはそれを「甘い」と評するかもしれない。だが、私はそうは思わなかった。世界一奪還という大きな重圧を背負いながらも、常にチーム、そして選手のことを第一に考えているのが分かっていたからだ。

■裏方に何度もお酌を

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事