権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

小久保監督の手腕については選手が「答え」を知っている

公開日: 更新日:

 準決勝の米国戦に敗れたあと、ドジャースタジアムのロッカールームで最後のミーティングが行われた。小久保裕紀監督(45)に続いて挨拶を促された私は、「みんなとこんなにいい戦いができた。ありがとうございました」と短く言った後、何げなく監督の方に視線を向けると、彼の目が潤んでいるように見えた。

 小久保監督は感受性の豊かな指揮官だった。試合中こそ、特にピンチでは表情を変えず、腕を組み、ジッと我慢の人を貫いていたが、ゲームが終わると、それが一気に解放され、人間味が顔を出す。試合後のミーティングで選手の奮闘を称えるとき、何度となく感極まる姿を見た。人によってはそれを「甘い」と評するかもしれない。だが、私はそうは思わなかった。世界一奪還という大きな重圧を背負いながらも、常にチーム、そして選手のことを第一に考えているのが分かっていたからだ。

■裏方に何度もお酌を

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  9. 9

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  10. 10

    「ルパンの娘」深キョン祖母役 59歳・どんぐりって誰だ?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る