日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

守護神陥落…ベイ“小さな大魔神”山崎が悩む心と体のズレ

 マウンドに立ったのは九回ではなかった。

 16日のヤクルト戦、山崎康晃(24)が登板したのは七回だった。プロ1年目から抑えの座を守り、2年連続30セーブをマーク。かつて横浜で守護神を務めた大魔神こと佐々木主浩にちなんで「小さな大魔神」といわれてきたが、ラミレス監督は「球場によって好不調の波がある。今後はパットンを抑えにしていく予定。(山崎の抑え復活は)今のところ考えていない」と断言した。

 監督が降格を決めたのは2日前。15日の試合前、投手コーチ2人を監督室に呼び配置転換を伝えたという。その後、監督から変更を聞いた青山総合コーチは「精神的な部分が大きい。今の方が楽に投げられるならその方がいい」と、メンタル面の問題を指摘。山崎自身も心と体のズレに気付いていた。本人が言う。

「ボディーバランスに関しては軸のブレとかボールの力の伝え方とか、ささいなことでズレを感じる。その違和感に気付くことが一番大事なことかなと。精神のバランスに関してはリフレッシュするように心がけています。試合後はなるべく野球のことは考えず、湘南やお台場までドライブに行ったり、実家が都内なので家まで車で行ったり。実家では(フィリピン人の)母親がフィリピン料理を作ることが多いので、それを食べるのも気分転換のひとつですね。好きな料理は甘いソーセージや牛乳で作ったとろみのあるマカロニスープ(ソパス)。僕の調子が悪くても母親は気を使って野球の話をしてこない。僕もまたそれを察してしまうんですけど(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事