• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

守護神陥落…ベイ“小さな大魔神”山崎が悩む心と体のズレ

 マウンドに立ったのは九回ではなかった。

 16日のヤクルト戦、山崎康晃(24)が登板したのは七回だった。プロ1年目から抑えの座を守り、2年連続30セーブをマーク。かつて横浜で守護神を務めた大魔神こと佐々木主浩にちなんで「小さな大魔神」といわれてきたが、ラミレス監督は「球場によって好不調の波がある。今後はパットンを抑えにしていく予定。(山崎の抑え復活は)今のところ考えていない」と断言した。

 監督が降格を決めたのは2日前。15日の試合前、投手コーチ2人を監督室に呼び配置転換を伝えたという。その後、監督から変更を聞いた青山総合コーチは「精神的な部分が大きい。今の方が楽に投げられるならその方がいい」と、メンタル面の問題を指摘。山崎自身も心と体のズレに気付いていた。本人が言う。

「ボディーバランスに関しては軸のブレとかボールの力の伝え方とか、ささいなことでズレを感じる。その違和感に気付くことが一番大事なことかなと。精神のバランスに関してはリフレッシュするように心がけています。試合後はなるべく野球のことは考えず、湘南やお台場までドライブに行ったり、実家が都内なので家まで車で行ったり。実家では(フィリピン人の)母親がフィリピン料理を作ることが多いので、それを食べるのも気分転換のひとつですね。好きな料理は甘いソーセージや牛乳で作ったとろみのあるマカロニスープ(ソパス)。僕の調子が悪くても母親は気を使って野球の話をしてこない。僕もまたそれを察してしまうんですけど(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  9. 9

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る