歴代2位も鉄人とは大差 阪神鳥谷に“衣笠超え”はあるのか

公開日: 更新日:

 球団が球団だけに、鳥谷の「衣笠超え」も現実味を帯びてくる。少なくとも19年まで契約があるのだから、球団としても狙わせたいのではないか。

 ある球団OBは「そうはいかないだろう」と、こう続ける。

阪神が金本の記録を無理やりにでも引っ張ったのは、人気がずばぬけていたからです。阪神は何より商売優先。ファンが『アニキ』と崇拝する金本が記録に挑み続けることで、集客やグッズ販売につなげられるとソロバンをはじいていた。一方、鳥谷は金本に比べると地味。彼1人でどれだけ客が呼べるかは甚だ疑問です。衣笠さんの記録を抜きたければ、ヒットを打ちまくり、現場が起用せざるを得ない状況をキープするしかない。果たしてどこまでもつか」

 この日は4タコだった鳥谷。打率は3割をキープしているものの、バットが湿った時こそ、記録が途切れる時だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    京都から中国人が消えた…新型コロナで観光地正常化の皮肉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る