• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

チームのために 楽天・嶋の料理番が明かす肉体改造のワケ

「僕が東京ドームで4万5000人も入ったのを見たのは、日本シリーズ以来なので、非常に力が入りました」

 お立ち台でこう言ったのは、楽天の嶋基宏(32)。25日のロッテ戦、犠飛と本塁打で勝利に貢献したキャプテンは「1点差だと、うちの(抑えの)松井(裕樹)が何をやらかすか分からないので頑張りました」と笑った。

 これで楽天は3連勝。早くも貯金を2ケタ(10)に乗せたが、右ふくらはぎ痛でWBCを辞退した嶋は、18試合で打率.222と数字は芳しくない。しかし、打者として、主将として、捕手としてチームに求められるものは、他の選手よりも格段に多い。今季は長打もそのひとつだ。嶋の管理栄養士を担当し、WBCでは日本代表の管理栄養士としてチームに帯同した大前恵氏がいう。

「嶋選手は、自分自身がこうなりたい、という意思よりも、チーム方針を優先してバッティングを変えなければいけない立場。今季、チームとしては『ヒット(単打)でつなぐというより、二塁打、三塁打といった長打を打ってほしい』という期待があるようです。そのために、オフには(嶋の)奥さまと3人で会って、今後の食事について話し合いました。長打を打つためにはどうしてもパワーが必要なので、体を大きくしないといけない。そのために、タンパク質とカルシウムを少し増やした食生活にしてもらっています。もちろん、炭水化物もエネルギーになるので、きちんと取りますが、ケガの影響もあってか、体重はそこまで増えていないみたいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る