投げ勝ったヤンキース田中 ボストン左腕セールとの因縁

公開日:

 27日(日本時間28日)のレッドソックス戦で3年ぶりの完封勝利で3勝目を挙げたヤンキース・田中将大(28)のことだ。

 相手の先発は15年の奪三振王(274)で昨季17勝(10敗)のクリス・セール(28)。メジャーを代表する左腕との投げ合いを制した田中は「9割方はセールが勝つと思っていたのではないか。それを覆したかった」と、してやったりの表情で話した。

 実は田中、このセールと浅からぬ因縁がある。昨オフ、ヤンキースが先発陣再建の目玉として白羽の矢を立てたのがセールだったのだ。

 ヤンキース先発陣は田中を筆頭に故障明けの投手が少なくない。田中は昨季、自己最多の14勝(4敗、防御率3.07)をマークし、防御率もリーグ3位と上位に名を連ねた一方で、シーズン終盤は右前腕の張りで登板を回避した。メジャー1年目に痛めた右肘は依然として不安を抱え、その働きぶり(14年から3年間で通算39勝16敗、防御率3.12)は高額な年俸(約26億円)に見合わないこともあり、ヤンキースは田中に代わる安定感のあるエースを探していたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る