• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

投げ勝ったヤンキース田中 ボストン左腕セールとの因縁

 27日(日本時間28日)のレッドソックス戦で3年ぶりの完封勝利で3勝目を挙げたヤンキース・田中将大(28)のことだ。

 相手の先発は15年の奪三振王(274)で昨季17勝(10敗)のクリス・セール(28)。メジャーを代表する左腕との投げ合いを制した田中は「9割方はセールが勝つと思っていたのではないか。それを覆したかった」と、してやったりの表情で話した。

 実は田中、このセールと浅からぬ因縁がある。昨オフ、ヤンキースが先発陣再建の目玉として白羽の矢を立てたのがセールだったのだ。

 ヤンキース先発陣は田中を筆頭に故障明けの投手が少なくない。田中は昨季、自己最多の14勝(4敗、防御率3.07)をマークし、防御率もリーグ3位と上位に名を連ねた一方で、シーズン終盤は右前腕の張りで登板を回避した。メジャー1年目に痛めた右肘は依然として不安を抱え、その働きぶり(14年から3年間で通算39勝16敗、防御率3.12)は高額な年俸(約26億円)に見合わないこともあり、ヤンキースは田中に代わる安定感のあるエースを探していたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

もっと見る