投げ勝ったヤンキース田中 ボストン左腕セールとの因縁

公開日: 更新日:

 27日(日本時間28日)のレッドソックス戦で3年ぶりの完封勝利で3勝目を挙げたヤンキース・田中将大(28)のことだ。

 相手の先発は15年の奪三振王(274)で昨季17勝(10敗)のクリス・セール(28)。メジャーを代表する左腕との投げ合いを制した田中は「9割方はセールが勝つと思っていたのではないか。それを覆したかった」と、してやったりの表情で話した。

 実は田中、このセールと浅からぬ因縁がある。昨オフ、ヤンキースが先発陣再建の目玉として白羽の矢を立てたのがセールだったのだ。

 ヤンキース先発陣は田中を筆頭に故障明けの投手が少なくない。田中は昨季、自己最多の14勝(4敗、防御率3.07)をマークし、防御率もリーグ3位と上位に名を連ねた一方で、シーズン終盤は右前腕の張りで登板を回避した。メジャー1年目に痛めた右肘は依然として不安を抱え、その働きぶり(14年から3年間で通算39勝16敗、防御率3.12)は高額な年俸(約26億円)に見合わないこともあり、ヤンキースは田中に代わる安定感のあるエースを探していたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  3. 3

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  4. 4

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  5. 5

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  6. 6

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  7. 7

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  8. 8

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る