HSVからオファー報道 鹿島FW鈴木優磨は独で通用するのか

公開日:

 鹿島FW鈴木優磨のドイツ1部ハンブルガーSV移籍が、4月29日のスポーツ報知に大きく報じられた。

 千葉生まれの21歳。鹿島の下部組織から15年にトップ契約。鹿島が準優勝を果たした16年12月のクラブW杯でゴール後の「Cロナ・パフォーマンス」が注目を集めた。

 身長182センチ、体重75キロ。恵まれたフィジカルを利した突破力も魅力だが、サッカージャーナリストの六川亨氏は「ペナルティーエリア内でピンポイントで合わせてゴールを陥れるプレーが、欧州から高評価を受けたのではないでしょうか」とさらに続ける。

「たとえば日本代表FW岡崎慎司のストロングポイントは、ペナ内で相手DFと駆け引きを繰り返しながら絶妙なポジションを取り、サイドからのクロスに点で合わせてゴールに結びつけるところ。鈴木も岡崎と似たタイプですが、その岡崎よりも足元の技術はしっかりしているし、フィジカルの面でも勝っている。後半途中出場のスーパーサブとしての起用が多いが、短時間でも結果をきっちり残す勝負強さも、鈴木の持ち味です。この部分も、欧州クラブのスカウトから評価されたのではないでしょうか。まだ粗削りなところもありますが、ドイツ1部でも、それなりの結果を残せると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る