CL敗退で移籍話急加速 ドルト香川は来季どのチームに?

公開日:

 日本代表MF香川真司の欧州チャンピオンズリーグ(CL)は「前半2分35秒」で終わった。

 敵地でフランスの強豪モナコとCL準々決勝第2レグを戦ったドイツのドルトムント(日本時間20日午前3時45分キックオフ)。第1レグを2-3で落としているドルトムントは、開始早々の失点で「勝ち抜けには3点が必要」となった。しかし、前半はエースFWオーバメヤン、トップ下の香川、左MFロイスと攻撃のキーマンが見せ場をつくれず、後半の立ち上がりに1点を返すのが精いっぱい。2戦合計3-6でCLから姿を消した。

「ドルトムントはこれから移籍問題で注目を集めるでしょう」とサッカーライターがこう続ける。

「ドイツ1部の中堅ボルシアMGが香川を狙っている。今季終了後に大型補強をもくろんでいるボルシアMGにとって、香川の移籍金相場15億円前後というのは“お手頃”価格ですからね。移籍話が一気に加速する可能性は十分にある。大黒柱オーバメヤンは、香川の代表チームメートMF本田圭佑が所属しているイタリアのミランが目を付けている。ミランは中国資本が入って補強予算が潤沢になり、シーズン終了後に大掛かりな補強を敢行する。オーバメヤンはスペイン行きが既定路線だが、ミランが移籍金をドンと積めば風向きは変わる」

 さて香川は来季、どのユニホームを着るか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る