• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

レッズに7回4失点 ヤンキース田中5勝目も投球に不安残す

 苦しみながらも白星を手にした。ヤンキース・田中将大(28)が8日(日本時間9日)のレッズ戦に登板。7回を1本塁打含む10安打4失点(自責点3)で5勝目(1敗)をマークした。4月14日のカージナルス戦での今季初勝利から5連勝としたが、お寒い投球内容だった。

 田中は味方打線が3点を先制した直後の一回裏、先頭打者から3連打で1点を失った。その後も、味方のまずい守備に足を引っ張られて毎回のように走者を背負う。四回には1死満塁とされながら、8番バーンハートを遊ゴロ併殺に仕留めて辛うじてピンチを脱した。

 この日の田中は相手打線に武器であるスプリットを見極められ、投球の組み立てにも苦しんだ。球数が100球を超えた七回には球威、キレとも精彩を欠き、スプリットが落ちない。2死走者なしから2番コザートを四球で歩かせると、続くボットーには甘く入ったスプリットを右中間スタンドに叩き込まれた。4番デュヴォールを空振り三振に仕留めて7回を投げ切ったが、自身への不甲斐なさからだろう。ベンチに引き揚げる際には、「ダメだ」と言わんばかりに首を振るなど、自らの投球への憤りを隠さなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る