球界屈指の右腕 オリ金子とSB千賀は投法も境遇も正反対

公開日: 更新日:

 これぞ「息詰まる投手戦」という試合だった。

 9日のソフトバンクオリックス戦は、もっか4勝の千賀(24)とハーラートップの5勝を挙げている金子(33)が先発。軍配は千賀に上がったものの、見応えのある投げ合いだった。

 千賀は150キロの速球と代名詞となっている落差の大きいフォークを軸に、8回3安打1失点。二回には3者連続三振を奪うなど、毎回の13三振でオリックス打線をキリキリ舞いさせた。

 一方、金子は140キロ台の直球を軸にスライダー、フォーク、カーブ、チェンジアップ、シュート、カットボールと多彩な変化球で的を絞らせず、8回6安打2失点。千賀とは対照的に、こちらはフライアウト12個でソフトバンク打線にじだんだを踏ませた。

 わずか2時間27分で幕を閉じた試合は、両軍合わせて計10安打2四球。3得点はすべてソロホームランとあっては、五回に決勝弾を打った松田が「投手戦になるのはわかっていた。勝ち越せば何とかなると思っていた」と話したのも納得だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  4. 4

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  7. 7

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  8. 8

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  9. 9

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  10. 10

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る