1試合2発で覚醒予感も 日ハム・大田に向けられる疑いの目

公開日: 更新日:

 左翼への先制2号に右中間に中押しの3号。左へ右へ、1試合2発で勝利に貢献したのがオフに巨人から移籍してきた日本ハム大田泰示(26)だ。

 二回の先制ソロはチームタイ記録となる、1試合7本塁打の口火を切った一発。大田はお立ち台で「ホームラン、最高です!」と満面の笑みで雄たけびを上げ、左こぶしを天に突き出した。

 巨人時代は「素質だけは一流」と言われながら、開花せぬまま移籍。2本塁打は覚醒のしるしか。

 ある球団OBは「三つ子の魂百まで、とも言いますから……」と、こう話す。

「確かに巨人時代に比べて、打席で粘りは出てきた。以前のように外角の変化球で簡単に三振というケースは減っています。それでも、選球眼の悪さは相変わらず。この日のように甘い球は打てますが……。以前から『ポテンシャルは最高』と惚れ込んでいた栗山監督はともかく、1試合2発くらいでは、まだまだ周囲の信用は得られませんよ」

 この日のロッテ先発・涌井は6被弾。これは個人の1試合被本塁打のパ新記録。そんな投手からいくら打ったところで、覚醒と判断するのは早計だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  8. 7

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  9. 8

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  10. 9

    泉佐野市“ふるさと納税バトル”逆転勝訴 安倍強権が赤っ恥

  11. 10

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

もっと見る