1試合2発で覚醒予感も 日ハム・大田に向けられる疑いの目

公開日:  更新日:

 左翼への先制2号に右中間に中押しの3号。左へ右へ、1試合2発で勝利に貢献したのがオフに巨人から移籍してきた日本ハムの大田泰示(26)だ。

 二回の先制ソロはチームタイ記録となる、1試合7本塁打の口火を切った一発。大田はお立ち台で「ホームラン、最高です!」と満面の笑みで雄たけびを上げ、左こぶしを天に突き出した。

 巨人時代は「素質だけは一流」と言われながら、開花せぬまま移籍。2本塁打は覚醒のしるしか。

 ある球団OBは「三つ子の魂百まで、とも言いますから……」と、こう話す。

「確かに巨人時代に比べて、打席で粘りは出てきた。以前のように外角の変化球で簡単に三振というケースは減っています。それでも、選球眼の悪さは相変わらず。この日のように甘い球は打てますが……。以前から『ポテンシャルは最高』と惚れ込んでいた栗山監督はともかく、1試合2発くらいでは、まだまだ周囲の信用は得られませんよ」

 この日のロッテ先発・涌井は6被弾。これは個人の1試合被本塁打のパ新記録。そんな投手からいくら打ったところで、覚醒と判断するのは早計だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る