• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

1試合2発で覚醒予感も 日ハム・大田に向けられる疑いの目

 左翼への先制2号に右中間に中押しの3号。左へ右へ、1試合2発で勝利に貢献したのがオフに巨人から移籍してきた日本ハムの大田泰示(26)だ。

 二回の先制ソロはチームタイ記録となる、1試合7本塁打の口火を切った一発。大田はお立ち台で「ホームラン、最高です!」と満面の笑みで雄たけびを上げ、左こぶしを天に突き出した。

 巨人時代は「素質だけは一流」と言われながら、開花せぬまま移籍。2本塁打は覚醒のしるしか。

 ある球団OBは「三つ子の魂百まで、とも言いますから……」と、こう話す。

「確かに巨人時代に比べて、打席で粘りは出てきた。以前のように外角の変化球で簡単に三振というケースは減っています。それでも、選球眼の悪さは相変わらず。この日のように甘い球は打てますが……。以前から『ポテンシャルは最高』と惚れ込んでいた栗山監督はともかく、1試合2発くらいでは、まだまだ周囲の信用は得られませんよ」

 この日のロッテ先発・涌井は6被弾。これは個人の1試合被本塁打のパ新記録。そんな投手からいくら打ったところで、覚醒と判断するのは早計だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  3. 3

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  4. 4

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

  8. 8

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

もっと見る