同点打&V打の日ハム・レアード “助っ人離れ”した責任感

公開日: 更新日:

 日本ハムの「寿司男」レアード(29)が10日、同点打、決勝打とチームの全打点を叩き出した。

 開幕直後は大不振も、4月下旬から打棒は上向きに。もっか7本塁打、18打点。当初は「オフに2年総額6億円の高額契約を結んで、腹いっぱいになったのか」なんて揶揄されたが……。

「レアードに限って、それはない。開幕直後の不振は、大谷の離脱と中田の不調が原因です。外国人助っ人とは思えないほど、責任感が強く、マジメな性格ですからね。『2人の代わりにオレが何とかしなきゃ』と気負いすぎるあまり、打撃も守備もガチガチになってしまった。ナインも首脳陣も、レアードの野球に対する真摯さは一目置いている」(球団OB)

 日本人らしいのは、食べ物の好みだけではないということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

  4. 4

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  9. 9

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  10. 10

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る