同点打&V打の日ハム・レアード “助っ人離れ”した責任感

公開日:  更新日:

 日本ハムの「寿司男」レアード(29)が10日、同点打、決勝打とチームの全打点を叩き出した。

 開幕直後は大不振も、4月下旬から打棒は上向きに。もっか7本塁打、18打点。当初は「オフに2年総額6億円の高額契約を結んで、腹いっぱいになったのか」なんて揶揄されたが……。

「レアードに限って、それはない。開幕直後の不振は、大谷の離脱と中田の不調が原因です。外国人助っ人とは思えないほど、責任感が強く、マジメな性格ですからね。『2人の代わりにオレが何とかしなきゃ』と気負いすぎるあまり、打撃も守備もガチガチになってしまった。ナインも首脳陣も、レアードの野球に対する真摯さは一目置いている」(球団OB)

 日本人らしいのは、食べ物の好みだけではないということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る