• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

祝賀ムードぶち壊し…ヤンキース田中が2回持たず8失点KO

 ヤンキース・田中将大(28)が14日(日本時間15日)のアストロズ戦に登板。1回3分の2を4本塁打含む8安打8失点(自責点8)でKOされ、2敗目を喫した。1回3分の2での降板は14年9月のレッドソックス戦と並ぶ自己最短で、失点、自責点とも自己ワーストである。

 田中は出はなをくじかれ、初回にスプリンガー、レディックの1、2番に2者連続被弾。2死一、三塁から7番グリエルに死球で満塁となり、続くブレグマンに甘く入った変化球を左翼スタンドに叩き込まれた。比較的、一発を浴びることが多い田中でも、満塁本塁打を許したのはメジャー初の屈辱である。

 二回にも先頭のスプリンガーに2打席連続の被弾。2死後、4番コレアを四球で歩かせ、続くベルトランの二塁打で8点目を失ったところでマウンドを降りた。

 この日の試合前には長らくヤンキースの主将を務めたデレク・ジーター氏の背番号「2」の永久欠番を祝うセレモニーが盛大に行われた。式典には松井秀喜氏や元守護神のマリアーノ・リベラ氏らジーター氏と共にプレーしたかつてのスター選手も駆け付けヤンキースタジアムは祝賀ムードに包まれた。エース右腕は盛り上がりを見せた元主将の晴れ舞台に水を差した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事