サヨナラ満塁弾に大興奮 ヤクルト荒木貴裕の意外な評価

公開日:  更新日:

 打った瞬間、右手を突き上げた。14日の中日戦。九回に劇的なサヨナラ満塁弾を放ったヤクルトの荒木貴裕(29)は、「まさか……。体が震える。喜びが湧き上がってくる」と試合後も興奮が冷めやらなかった。

 山梨・帝京三から近大を経て、09年ドラフト3位で入団した8年目の内野手は、入団1年目に当時のチームリーダーで名遊撃手の宮本慎也(現野球評論家)から、自らのグラブをプレゼントされた。他球団からトレードの相手として指名されたこともある。周囲から能力を高く買われながら、「ユーティリティープレーヤー」という名の“便利屋”に甘んじているが、それもセンスと安定感があってこそだろう。

 ヤクルトでは先月2日のDeNA戦でも、鵜久森が代打サヨナラ満塁本塁打を放っている。1シーズン2本目はリーグ初の快挙。これで、チームが乗っていかなければウソだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る