4勝目も力不足を露呈…宮里優作が超えられない“AOの壁”

公開日: 更新日:

中日クラウンズ 最終日】

「なんとも頼りない勝ち方でしたね」と指摘するのは評論家の宮崎紘一氏だ。2年ぶりツアー4勝目を挙げた宮里優作(36)のことだ。

 首位タイ発進の最終日は10番バーディーで通算14アンダーに伸ばし、2位とは3打差。そのまま楽勝かと思われた。ところが、12番パー4は残り105ヤードからの2打目をピンそばにつけられず手前カラー。

 寄せは手前1.5メートルにつけたが、パーパットを外してボギー。13番パー3ではティーショットが手前バンカーにつかまり目玉。さらにスタンスがバンカーの外で、ひざを曲げて低く腰を落とす体勢から寄らず入らずの連続ボギー。通算12アンダーとなり、自ら混戦模様を招いた。

■「勝負師としての凄みがない」

 その後も何度かあったバーディーチャンスを決められず、最終18番で「いやぁ、外れたと思った」という6メートルのバーディーパットがカップを一周してイン。疲れ切った表情でやっと勝てたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  2. 2

    2横綱1大関に続き朝乃山も撃破 好調遠藤を支える謎の新妻

  3. 3

    仮出所した中江滋樹を高級車で迎えた意外な人物とは?

  4. 4

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  5. 5

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  6. 6

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  7. 7

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  8. 8

    3年近い拘置所生活 つかの間の保釈期間は女と遊びまくった

  9. 9

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  10. 10

    「パンクで遅刻する」上司に送ったビミョーすぎる証拠画像

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る