• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4勝目も力不足を露呈…宮里優作が超えられない“AOの壁”

【中日クラウンズ 最終日】

「なんとも頼りない勝ち方でしたね」と指摘するのは評論家の宮崎紘一氏だ。2年ぶりツアー4勝目を挙げた宮里優作(36)のことだ。

 首位タイ発進の最終日は10番バーディーで通算14アンダーに伸ばし、2位とは3打差。そのまま楽勝かと思われた。ところが、12番パー4は残り105ヤードからの2打目をピンそばにつけられず手前カラー。

 寄せは手前1.5メートルにつけたが、パーパットを外してボギー。13番パー3ではティーショットが手前バンカーにつかまり目玉。さらにスタンスがバンカーの外で、ひざを曲げて低く腰を落とす体勢から寄らず入らずの連続ボギー。通算12アンダーとなり、自ら混戦模様を招いた。

■「勝負師としての凄みがない」

 その後も何度かあったバーディーチャンスを決められず、最終18番で「いやぁ、外れたと思った」という6メートルのバーディーパットがカップを一周してイン。疲れ切った表情でやっと勝てたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る