圧巻V5の井上尚弥 “二刀流”ボクシングで米国進出に弾み

公開日:  更新日:

 改めて、「世界」にその力を見せつけた。

 王者・井上尚弥(24)が、同級2位のリカルド・ロドリゲス(27)を圧倒。3回KOで片づけ、念願の米国進出に弾みをつけた。

「(大橋)会長から、この次はビッグな試合がある、と聞いている。米国に向けても少しはアピールできたかなと思う」

 試合後、本人がそう言ったように、井上陣営には米国進出の青写真がある。9月にラスベガスで防衛戦を行うプランだ。試合前日、「お客さんを興奮させたい。どう喜ばせ、次も見たいと思わせるか」という井上の言葉もそれを念頭に置いたものだった。

 この日は2回に突然、本来の右構えを左構えにチェンジ。会場がどよめく中で、挑戦者のパンチを悠然とかわしながら、何度も鋭い左ストレートを繰り出した。単なる幻惑のためのスイッチではなく、十分にKO可能な左ストレート。仰天の「二刀流」スタイルは、防衛10度の元バンタム級王者・長谷川穂積をして「すごい」と言わしめる完成度だった。

 米国ボクシングメディアの権威、「リング誌」が選ぶ「パウンド・フォー・パウンド」(体重差を抜きにして最強ボクサーを決めるランキング)で、世界10位にランクインする井上には世界が注目している。「怪物」が米国で「Monster」と呼ばれる日も近そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る