圧巻V5の井上尚弥 “二刀流”ボクシングで米国進出に弾み

公開日:  更新日:

 改めて、「世界」にその力を見せつけた。

 王者・井上尚弥(24)が、同級2位のリカルド・ロドリゲス(27)を圧倒。3回KOで片づけ、念願の米国進出に弾みをつけた。

「(大橋)会長から、この次はビッグな試合がある、と聞いている。米国に向けても少しはアピールできたかなと思う」

 試合後、本人がそう言ったように、井上陣営には米国進出の青写真がある。9月にラスベガスで防衛戦を行うプランだ。試合前日、「お客さんを興奮させたい。どう喜ばせ、次も見たいと思わせるか」という井上の言葉もそれを念頭に置いたものだった。

 この日は2回に突然、本来の右構えを左構えにチェンジ。会場がどよめく中で、挑戦者のパンチを悠然とかわしながら、何度も鋭い左ストレートを繰り出した。単なる幻惑のためのスイッチではなく、十分にKO可能な左ストレート。仰天の「二刀流」スタイルは、防衛10度の元バンタム級王者・長谷川穂積をして「すごい」と言わしめる完成度だった。

 米国ボクシングメディアの権威、「リング誌」が選ぶ「パウンド・フォー・パウンド」(体重差を抜きにして最強ボクサーを決めるランキング)で、世界10位にランクインする井上には世界が注目している。「怪物」が米国で「Monster」と呼ばれる日も近そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る