圧巻V5の井上尚弥 “二刀流”ボクシングで米国進出に弾み

公開日: 更新日:

 改めて、「世界」にその力を見せつけた。

 王者・井上尚弥(24)が、同級2位のリカルド・ロドリゲス(27)を圧倒。3回KOで片づけ、念願の米国進出に弾みをつけた。

「(大橋)会長から、この次はビッグな試合がある、と聞いている。米国に向けても少しはアピールできたかなと思う」

 試合後、本人がそう言ったように、井上陣営には米国進出の青写真がある。9月にラスベガスで防衛戦を行うプランだ。試合前日、「お客さんを興奮させたい。どう喜ばせ、次も見たいと思わせるか」という井上の言葉もそれを念頭に置いたものだった。

 この日は2回に突然、本来の右構えを左構えにチェンジ。会場がどよめく中で、挑戦者のパンチを悠然とかわしながら、何度も鋭い左ストレートを繰り出した。単なる幻惑のためのスイッチではなく、十分にKO可能な左ストレート。仰天の「二刀流」スタイルは、防衛10度の元バンタム級王者・長谷川穂積をして「すごい」と言わしめる完成度だった。

 米国ボクシングメディアの権威、「リング誌」が選ぶ「パウンド・フォー・パウンド」(体重差を抜きにして最強ボクサーを決めるランキング)で、世界10位にランクインする井上には世界が注目している。「怪物」が米国で「Monster」と呼ばれる日も近そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る