• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ボクシング井岡 世界戦14勝も“具志堅記録”に及ばないワケ

 61連勝が聞いて呆れる。

 23日のボクシングダブル世界戦。WBO世界バンタム級のベルトに挑戦した大森将平(24)は、前日計量オーバーで王座を剥奪されたマーロン・タパレスにTKO負け。一方、メーンを飾ったWBA世界フライ級王者井岡一翔(28)は、挑戦者の同2位、12年間無敗で61連勝中のノクノイ・シットプラサート(30=タイ)に判定勝ちを収めた。

 この勝利で井岡は世界戦14勝。中継したテレビ局やマスコミは盛んに「具志堅の記録に並んだ!」とあおったが、ファンはどう思ったのか。具志堅用高氏の「世界戦14勝」は、ベルト奪取から13回連続防衛で成し遂げたもの。ミニマム級やライトフライ級での戦績を合わせた井岡の記録と同列には語れない。

 しかも、対戦相手のシットプラサートは「看板倒れ」もいいところ。61連勝中といっても地元タイでしか試合をしておらず、世界戦の経験はゼロだ。試合では完全に井岡の圧力に押されて後手に回り、実力差は歴然。それでもKOできないのだからファンはガッカリだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    お蔵入り乗り越え 妻夫木聡&井上真央「乱反射」 の舞台裏

もっと見る