ボクシング井岡 世界戦14勝も“具志堅記録”に及ばないワケ

公開日:

 61連勝が聞いて呆れる。

 23日のボクシングダブル世界戦。WBO世界バンタム級のベルトに挑戦した大森将平(24)は、前日計量オーバーで王座を剥奪されたマーロン・タパレスにTKO負け。一方、メーンを飾ったWBA世界フライ級王者井岡一翔(28)は、挑戦者の同2位、12年間無敗で61連勝中のノクノイ・シットプラサート(30=タイ)に判定勝ちを収めた。

 この勝利で井岡は世界戦14勝。中継したテレビ局やマスコミは盛んに「具志堅の記録に並んだ!」とあおったが、ファンはどう思ったのか。具志堅用高氏の「世界戦14勝」は、ベルト奪取から13回連続防衛で成し遂げたもの。ミニマム級やライトフライ級での戦績を合わせた井岡の記録と同列には語れない。

 しかも、対戦相手のシットプラサートは「看板倒れ」もいいところ。61連勝中といっても地元タイでしか試合をしておらず、世界戦の経験はゼロだ。試合では完全に井岡の圧力に押されて後手に回り、実力差は歴然。それでもKOできないのだからファンはガッカリだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る