ボクシング井岡 世界戦14勝も“具志堅記録”に及ばないワケ

公開日:

 61連勝が聞いて呆れる。

 23日のボクシングダブル世界戦。WBO世界バンタム級のベルトに挑戦した大森将平(24)は、前日計量オーバーで王座を剥奪されたマーロン・タパレスにTKO負け。一方、メーンを飾ったWBA世界フライ級王者井岡一翔(28)は、挑戦者の同2位、12年間無敗で61連勝中のノクノイ・シットプラサート(30=タイ)に判定勝ちを収めた。

 この勝利で井岡は世界戦14勝。中継したテレビ局やマスコミは盛んに「具志堅の記録に並んだ!」とあおったが、ファンはどう思ったのか。具志堅用高氏の「世界戦14勝」は、ベルト奪取から13回連続防衛で成し遂げたもの。ミニマム級やライトフライ級での戦績を合わせた井岡の記録と同列には語れない。

 しかも、対戦相手のシットプラサートは「看板倒れ」もいいところ。61連勝中といっても地元タイでしか試合をしておらず、世界戦の経験はゼロだ。試合では完全に井岡の圧力に押されて後手に回り、実力差は歴然。それでもKOできないのだからファンはガッカリだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  5. 5

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

もっと見る