元王者も酷評 井岡一翔は“しょっぱい試合”が止まらない

公開日:  更新日:

 ボクシングのWBAフライ級王者・井岡一翔(28)が防衛に成功した翌日の24日、日刊ゲンダイ編集部にボクシングファンから一本の電話があった。

「昨日の試合は見ていてフラストレーションがたまった。今日のゲンダイさんの記事を読んでスッキリしましたよ」

 井岡は格下のシットプラサート相手に、見せ場のない慎重なボクシングで判定勝利。本紙は「記録には残っても記憶には残らないボクサー」と指摘したが、同じ感想を抱いた者はボクシング関係者にも多い。

 セレス小林氏や長谷川穂積氏らは評論家を務めるスポーツ紙で、慎重すぎるボクシングやマッチメークなどに苦言を呈している。負けたシットプラサートでさえ試合後は「井岡は超一流ではない」と散々だ。

 しかし、強い相手を避け、くみしやすい相手を選ぶ井岡陣営の「亀田ロード」は、もはや止められない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  5. 5

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  6. 6

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  9. 9

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  10. 10

    白鵬が帰化決断 稀勢の里凋落でモンゴル勢が土俵“再支配”

もっと見る