個性重視で46年 6年ぶりVの東洋大・高橋昭雄監督の野球観

公開日: 更新日:

 11年春以来、6年ぶりに東都を制した東洋大の高橋昭雄監督(68)は今年で就任46年目。プロ球界に数多くの教え子を輩出した指導者は、「大学野球は必ずしも勝ち負けだけが重要ではない」と話す。

 ものすごい剛速球を投げるとか、打球が飛び抜けて速いとか、素晴らしく足が速いとか、野球にさほど詳しくない人たちが見ても魅力ある、個性あふれる選手を育てる。勝ち負けはもちろん大切でも、学生野球の原点はそこだと考える。

 目指す野球もかなり個性的だ。走者を許しても三塁までならOK、点を与えなければ構わないというスタンス。それでも点を取られたら、取り返せばいいという。

 判で押したような送りバントは大嫌いで、隠し球やサイン盗みなどもってのほか。サインを盗まれないような策は講じても、敵をだますなら、だまされた方がよっぽど潔いと思うタイプだ。

 07年春から5連覇したものの、13年から3年間、2部に低迷。「2部での経験は野球部の財産になった」と話す。勝利は目指すが、そのために手段を問わない勝利至上主義者ではない。あくまで個性重視の指導方針が、長年にわたって、プロ、アマ問わず多くの選手を育んだに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  9. 8

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  10. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  11. 10

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

もっと見る