• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

個性重視で46年 6年ぶりVの東洋大・高橋昭雄監督の野球観

 11年春以来、6年ぶりに東都を制した東洋大の高橋昭雄監督(68)は今年で就任46年目。プロ球界に数多くの教え子を輩出した指導者は、「大学野球は必ずしも勝ち負けだけが重要ではない」と話す。

 ものすごい剛速球を投げるとか、打球が飛び抜けて速いとか、素晴らしく足が速いとか、野球にさほど詳しくない人たちが見ても魅力ある、個性あふれる選手を育てる。勝ち負けはもちろん大切でも、学生野球の原点はそこだと考える。

 目指す野球もかなり個性的だ。走者を許しても三塁までならOK、点を与えなければ構わないというスタンス。それでも点を取られたら、取り返せばいいという。

 判で押したような送りバントは大嫌いで、隠し球やサイン盗みなどもってのほか。サインを盗まれないような策は講じても、敵をだますなら、だまされた方がよっぽど潔いと思うタイプだ。

 07年春から5連覇したものの、13年から3年間、2部に低迷。「2部での経験は野球部の財産になった」と話す。勝利は目指すが、そのために手段を問わない勝利至上主義者ではない。あくまで個性重視の指導方針が、長年にわたって、プロ、アマ問わず多くの選手を育んだに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る