個性重視で46年 6年ぶりVの東洋大・高橋昭雄監督の野球観

公開日:  更新日:

 11年春以来、6年ぶりに東都を制した東洋大の高橋昭雄監督(68)は今年で就任46年目。プロ球界に数多くの教え子を輩出した指導者は、「大学野球は必ずしも勝ち負けだけが重要ではない」と話す。

 ものすごい剛速球を投げるとか、打球が飛び抜けて速いとか、素晴らしく足が速いとか、野球にさほど詳しくない人たちが見ても魅力ある、個性あふれる選手を育てる。勝ち負けはもちろん大切でも、学生野球の原点はそこだと考える。

 目指す野球もかなり個性的だ。走者を許しても三塁までならOK、点を与えなければ構わないというスタンス。それでも点を取られたら、取り返せばいいという。

 判で押したような送りバントは大嫌いで、隠し球やサイン盗みなどもってのほか。サインを盗まれないような策は講じても、敵をだますなら、だまされた方がよっぽど潔いと思うタイプだ。

 07年春から5連覇したものの、13年から3年間、2部に低迷。「2部での経験は野球部の財産になった」と話す。勝利は目指すが、そのために手段を問わない勝利至上主義者ではない。あくまで個性重視の指導方針が、長年にわたって、プロ、アマ問わず多くの選手を育んだに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る