無念休場の稀勢の里に理事親方「いい勉強」と前向き発言

公開日:

 和製横綱が力尽きた。

 23日に琴奨菊に敗れ、4敗となっていた稀勢の里(30)。24日、休場届と医師の診断書を提出した。田子ノ浦親方(元平幕隆の鶴)は報道陣に、「力が入らず、相撲にならないと本人が言ってきた」と説明。診断書には先場所と同様、「左大胸筋損傷と左上腕二頭筋損傷」で、「約1カ月の通院加療を要する」とあった。

 場所前には、「無理に土俵に上がれば、ケガが悪化しかねない。5月は休場して、7月場所に備えるべきでは」という声も角界にはあった。それでも“強行出場”をした結果がコレだが、だからといって今場所のすべてが無駄になったわけではない。

 尾車理事(元大関琴風)に聞くと、「場所前の出稽古や取り口は、今後に生かせるのでは」と、こう続けた。

「今まで行かなかった出稽古に、場所前は熱心だったでしょう。あれはケガもあってか、『いつまでも弟弟子の高安とばかり稽古していてはダメだ』と思ったからではないか。左を使えないからか、右から差して左まわしを取るなど、ウチの部屋に来た時も考えながら、いろいろと確かめていた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る