全勝ターンも余裕なく 白鵬が抱える稀勢の里への“嫉妬心”

公開日:  更新日:

 大相撲5月場所、横綱白鵬(32)が日馬富士と並び、全勝で中日を折り返した。琴奨菊のがぶりにも動じず、元大関を上手出し投げで一蹴。決まった瞬間は「どうだ!」と言わんばかりに満面の笑みを浮かべた。

「できれば前に出たかったけどね。中日勝ち越し? まだまだ、これから引っ張っていきます。当然ちゃ当然」

 とは支度部屋での白鵬だ。

 もっとも、言葉と裏腹に今場所の白鵬の相撲には余裕がない。顕著だったのが、7日目の大栄翔戦だ。初日から6連敗中とボロボロの相手を張り差しでひるませてから、寄り切った。

■格下力士にも慎重

 ある相撲記者が言う。

「確かに白鵬は立ち合いでの張り差しやかち上げなど、横綱らしくない手を得意としている。でも、それを使うのは強敵や合口が悪い相手、あるいは絶対に負けたくない場面などに限っていた。それがよりによって、全敗中の大栄翔に……ですからね。そういえば、初日の千代の国、5日目の御嶽海には立ち合いで張り差しからかち上げという得意技でひるませていた。確かに両者ともに生きのいい気鋭の力士だが、そこまで慎重な相撲を取る必要があったかどうかは疑問です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る