稀勢の里にスポンサー奪われ 横綱白鵬にメンタル面の不安

公開日: 更新日:

「脇役」からの巻き返しはあるか。

 14日に初日を迎える大相撲5月場所。目玉である横綱稀勢の里(30)の指定懸賞が、先場所の倍となる608本にも上ることが明らかになった。

 ここ数年、懸賞は白鵬(32)が独占していた。それが稀勢の里にお株を奪われたばかりか、「以前は白鵬に懸賞を出していたが、稀勢の里に乗り換えた企業も少なくない」(角界事情通)という。

 昨年5月場所以来、優勝から遠ざかっている白鵬。昨年9月場所は横綱昇進後、初となる全日休場。先場所も途中休場と、ケガに悩まされるようになった。ある親方は「肉体もそうだが、気がかりなのは精神面です」と、こう続ける。

「白鵬は昨年7月場所で宝富士に対策を編み出されるまで、プロレスのエルボーまがいのかち上げを多用していた。角界では『あれはもはや相撲じゃない』と批判が噴出していたが、それでもヒジ打ちをやめなかったのは頂点の座を死守したかったから。15日間相撲を取りきる体力が不安になってきた白鵬が勝つためには、それしか手がなかった。そんな反則まがいの手を使ってまで固執していた頂点から、まさかの転落ですからね。張り詰めた気力がプツンと切れてもおかしくない」

 長年、土俵に君臨してきた王者だからこそ、一度沈んだ気力を再び奮い立たせるのは難しい。かといってヒジ打ちはもはや使えず、正攻法で賜杯を抱けないのは成績を見れば一目瞭然だ。

 スポンサーを再び振り向かせられるか否かは、白鵬の気力次第だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン政権崩壊の兆し国内外で加速 南オセチア大統領選で親ロシア派現職が衝撃の敗北

    プーチン政権崩壊の兆し国内外で加速 南オセチア大統領選で親ロシア派現職が衝撃の敗北

  2. 2
    細田衆院議長の“100万円しか”発言に自民OBが苦言「頭がおかしいとしか…」

    細田衆院議長の“100万円しか”発言に自民OBが苦言「頭がおかしいとしか…」

  3. 3
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4
    中日・根尾をダメにする立浪監督の朝令暮改 私なら本格的に「投手」をやらせる

    中日・根尾をダメにする立浪監督の朝令暮改 私なら本格的に「投手」をやらせる

  5. 5
    巨人は今オフもお得意FA封印か…補強失敗続きで阪神・西、中日・高橋周らもスルー気配

    巨人は今オフもお得意FA封印か…補強失敗続きで阪神・西、中日・高橋周らもスルー気配

もっと見る

  1. 6
    ロシア軍兵士もウンザリの装備ポンコツぶり…指揮官の命令も「拒否」する異常事態

    ロシア軍兵士もウンザリの装備ポンコツぶり…指揮官の命令も「拒否」する異常事態

  2. 7
    石川遼もマッチョに変身…プロゴルフ界で大流行する「筋トレ」の弊害

    石川遼もマッチョに変身…プロゴルフ界で大流行する「筋トレ」の弊害

  3. 8
    内田有紀が低迷キムタクドラマを救う? 快進撃を支える圧倒的美貌と“事実婚”柏原崇の存在

    内田有紀が低迷キムタクドラマを救う? 快進撃を支える圧倒的美貌と“事実婚”柏原崇の存在

  4. 9
    日本ハム新庄監督が選手に初カミナリの深謀遠慮…元ヤクルト飯田哲也氏が意図を推察

    日本ハム新庄監督が選手に初カミナリの深謀遠慮…元ヤクルト飯田哲也氏が意図を推察

  5. 10
    ロシア国内のプロパガンダに異変…苦し紛れの“国家総動員”で露呈したロ軍のキュウキュウぶり

    ロシア国内のプロパガンダに異変…苦し紛れの“国家総動員”で露呈したロ軍のキュウキュウぶり