• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全勝高安に土も…5月場所モンゴル勢が気を抜けないワケ

 19日の大相撲5月場所6日目、全勝の高安(27)に土がついた。相手は対戦成績6勝6敗と五分の玉鷲。立ち合いで低く当たる玉鷲に体を起こされると、そのままの勢いで押し出された。

 この日は白鵬(32)と日馬富士(33)が順当に勝ったため、無敗はこの2人のみ。稀勢の里(30)は痛めている左を使って大栄翔を下したとはいえ、すでに2敗している。これで優勝争いはモンゴル人横綱たちが一歩リードとなった。

 星の差を考えれば、稀勢の里と高安の田子ノ浦部屋勢は一見、不利に見える。しかし、このままモンゴル勢が突っ走れるかどうか。

 白鵬はこの日の遠藤戦がそうだったように、以前のような圧倒的な強さは鳴りをひそめている。終始、遠藤を押しまくったといっても、なかなか仕留めきれなかったのも事実だ。


 相撲評論家の中澤潔氏は「自分の力が落ちていることは白鵬が一番、わかっているでしょう」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る