• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

分析に限界…交流戦勝率最低DeNAにスコアラー6人のハンデ

 2015年まで4年間、DeNAを率いた中畑前監督は、「『交流戦』と聞くだけで、ため息が出た」と言っていた。監督最終年の15年は、セの首位で交流戦に突入しながら、3勝14敗1分けで大差の最下位に沈没。12連敗を記録するなど、ズタボロにされてシーズンでもビリに終わったが、DeNAが交流戦に弱いのはこの年に限った話ではない。

 05年から昨年までの12年間で、勝ち越したのはわずかに3度。最下位が5度もあり、交流戦の勝率.382は12球団ワーストである。指揮官がラミレス監督に代わった昨年も7勝11敗で9位と苦戦した。こうなると、監督や選手の力量だけが原因ではないだろう。

■中日は9人、巨人は8人

「交流戦はデータの重要性が増す。対戦経験の少ないパ各球団の情報を集め、分析し、活用することで相手を攻略する糸口を広げるわけですが、DeNAはここに人員を割いていない。スコアラーの数は6人。例えば中日は9人、巨人は8人、阪神は7人います。これではデータ収集、分析にも限界がある。他球団に比べて負担が大きいのです。DeNAが交流戦で結果を出せないのは、ここにも大きな原因があるでしょう」(球界関係者)

 ここ5年間の交流戦で3割をマークしたDeNAの打者は昨年の宮崎、筒香、一昨年のロペス、荒波、14年の山崎、13年のブランコ、12年のラミレスと7人しかいない。 今年の交流戦の開幕カードは、昨年3連敗を食らった日本ハム。ファンにとっては、憂鬱な時期がまたやってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

もっと見る