3安打で連敗を阻止 日ハム近藤は他球団も羨む“万能選手”

公開日: 更新日:

 日本ハム近藤健介(23)が、八面六臂の活躍でチームの連敗を「6」でストップさせた。

 12日は「3番・右翼」で出場すると、4打数3安打1打点で、早くも今季3度目の猛打賞。初回は二塁打を放ち、二塁にヘッドスライディングの気迫を見せた。五回にも同点適時打を放つと、それがレアードの今季1号につながるという“好演出”。守っては2点リードの七回2死一、二塁の場面、右前打でホームを狙った二塁走者の上林を、自慢の強肩で補殺に仕留めた。

「初回のヘッスラ? 何とかチームに勢いを……とは思ってなかったんですが、そうなって良かったです(笑い)」

 と、お立ち台でもファンを笑顔にさせた近藤。もっか打率・457。元気のない打線の中、ひとり気を吐いている。

 他球団のスコアラーは「あれだけ器用な選手は珍しい」と、こう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 8

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  9. 9

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  10. 10

    東出昌大どさくさ復帰も…“離婚固持”する杏の複雑な胸中

もっと見る