3安打で連敗を阻止 日ハム近藤は他球団も羨む“万能選手”

公開日:  更新日:

 日本ハムの近藤健介(23)が、八面六臂の活躍でチームの連敗を「6」でストップさせた。

 12日は「3番・右翼」で出場すると、4打数3安打1打点で、早くも今季3度目の猛打賞。初回は二塁打を放ち、二塁にヘッドスライディングの気迫を見せた。五回にも同点適時打を放つと、それがレアードの今季1号につながるという“好演出”。守っては2点リードの七回2死一、二塁の場面、右前打でホームを狙った二塁走者の上林を、自慢の強肩で補殺に仕留めた。

「初回のヘッスラ? 何とかチームに勢いを……とは思ってなかったんですが、そうなって良かったです(笑い)」

 と、お立ち台でもファンを笑顔にさせた近藤。もっか打率・457。元気のない打線の中、ひとり気を吐いている。

 他球団のスコアラーは「あれだけ器用な選手は珍しい」と、こう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  10. 10

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

もっと見る