• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

前回Vの05年に成績が酷似…阪神に漂う「優勝」のにおい

「そのような数字は素直にうれしいですよ」

 こう語るのは、作家で阪神ファンの麻生千晶氏だ。

 交流戦には弱い阪神だが、今年は開幕カードのロッテに連勝。5月を15勝9敗、通算29勝19敗のセ2位で6月に入る。実はコレ、前回優勝の2005年の成績に酷似している。

 05年も5月は15勝(10敗1分け)を挙げ、同月終了時点の通算勝敗数は28勝22敗2分けだった。

 しかも、阪神が優勝した1985年、03年、05年の前年はいずれも4位。金本監督1年目の昨年も4位で終えている。

 前出の麻生氏が言う。

「まだ5月とはいえ、前回優勝時の成績や前年順位が一緒というのは、ファンにとっては期待が持てます。それに加え、今年は糸井さんの加入が何より大きい。あまり喜怒哀楽を表に出さず、オーラがあってセクシーな選手です。金本監督は若手を積極的に起用していますが、今の阪神には、糸井さんのように存在感のある選手が必要です。スランプの時もまったくおどおどした表情を見せなかったので、私はまったく心配していませんでした。昨年までオリックスにいたので交流戦でも頼りになります。05年の数字と似ているということですが、期待はしますが、これまで阪神には何度も裏切られてきましたからね。苦手な交流戦が終わってみないと先は読めません」

 ちなみに05年は、初の交流戦を21勝13敗2分け(全体3位)で乗り切ると、6月中旬に首位を奪回。シーズン終了までその座を明け渡さなかったが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る