前回Vの05年に成績が酷似…阪神に漂う「優勝」のにおい

公開日:  更新日:

「そのような数字は素直にうれしいですよ」

 こう語るのは、作家で阪神ファンの麻生千晶氏だ。

 交流戦には弱い阪神だが、今年は開幕カードのロッテに連勝。5月を15勝9敗、通算29勝19敗のセ2位で6月に入る。実はコレ、前回優勝の2005年の成績に酷似している。

 05年も5月は15勝(10敗1分け)を挙げ、同月終了時点の通算勝敗数は28勝22敗2分けだった。

 しかも、阪神が優勝した1985年、03年、05年の前年はいずれも4位。金本監督1年目の昨年も4位で終えている。

 前出の麻生氏が言う。

「まだ5月とはいえ、前回優勝時の成績や前年順位が一緒というのは、ファンにとっては期待が持てます。それに加え、今年は糸井さんの加入が何より大きい。あまり喜怒哀楽を表に出さず、オーラがあってセクシーな選手です。金本監督は若手を積極的に起用していますが、今の阪神には、糸井さんのように存在感のある選手が必要です。スランプの時もまったくおどおどした表情を見せなかったので、私はまったく心配していませんでした。昨年までオリックスにいたので交流戦でも頼りになります。05年の数字と似ているということですが、期待はしますが、これまで阪神には何度も裏切られてきましたからね。苦手な交流戦が終わってみないと先は読めません」

 ちなみに05年は、初の交流戦を21勝13敗2分け(全体3位)で乗り切ると、6月中旬に首位を奪回。シーズン終了までその座を明け渡さなかったが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る