甲子園で5タコ 来季阪神入り濃厚ハム中田は見せ場作れず

公開日:  更新日:

 2日の阪神―日本ハム戦の試合前のこと。報道陣が思わず身を乗り出して、目を白黒させるシーンがあった。

 阪神の金本監督と日本ハムの中田(28)が、打撃ケージの裏で2~3分間、談笑したのだ。

 同じ広島出身。旧知の間柄とはいえ、周囲は単に監督と対戦相手の主砲が会話しただけとは受け取らない。

 中田は今オフ、シーズン中に取得予定のFAを行使しての阪神入りが既定路線といわれる。その中田が、来季のボスになるかもしれない人物と公然と話し込んだのだ。

 報道陣に囲まれた金本監督は「(西岡)剛の悪口を言っとったんや」と笑い飛ばしたが、真に受けた人はほとんどいなかったに違いない。

 さて、中田がウワサ通り、本気で阪神に移籍するつもりなら、この日の甲子園球場は実力を見せつける格好の舞台。阪神の首脳陣や選手はもちろん、スタンドを埋めた4万5572人の大観衆の前で打ちまくり、「是が非でも来て欲しい」と思われることは大きなプラス。阪神にも阪神ファンにも請われて移籍するに越したことはないからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    原発外交、領土交渉…自民党は3代目に身上をつぶされる

もっと見る