数字でもクッキリ 二軍落ち阪神藤浪に“右打者内角恐怖症”

公開日:  更新日:

 阪神の藤浪晋太郎(23)が今季初登板となった去る4月4日のヤクルト戦で、畠山の頭部付近に死球を当てた後のこと。藤浪は周囲に、「右打者の内角に投げきれない」と、苦しい心境を吐露していたという。

 六回途中、6安打4四球3失点で3敗目(3勝)を喫した26日のDeNA戦でも、悩める姿が見られた。右打者の田中に対して内角にすっぽ抜けのボールを投じると、六回にはいよいよ腕が縮こまった。変化球をストライクゾーンに置きにいき、投手の井納に適時打を浴びて降板を告げられると、27日には登録抹消が決まった。

 前回のヤクルト戦(20日)でも、3回4失点の5四死球と乱れた。右打者への内角球に対する恐怖心は年々、大きくなっているのではないか。

 昨年、ヤクルトの谷内の手首にぶつけて骨折させるなど、8死球を含む78四死球はリーグワーストだったが、今年はさらにヒドい。40回3分の2で36四死球はもちろんリーグワースト。しかも、15年にタイトルを獲得しているように藤浪の持ち味である奪三振は、わずか21個に減っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る