• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

数字でもクッキリ 二軍落ち阪神藤浪に“右打者内角恐怖症”

 阪神の藤浪晋太郎(23)が今季初登板となった去る4月4日のヤクルト戦で、畠山の頭部付近に死球を当てた後のこと。藤浪は周囲に、「右打者の内角に投げきれない」と、苦しい心境を吐露していたという。

 六回途中、6安打4四球3失点で3敗目(3勝)を喫した26日のDeNA戦でも、悩める姿が見られた。右打者の田中に対して内角にすっぽ抜けのボールを投じると、六回にはいよいよ腕が縮こまった。変化球をストライクゾーンに置きにいき、投手の井納に適時打を浴びて降板を告げられると、27日には登録抹消が決まった。

 前回のヤクルト戦(20日)でも、3回4失点の5四死球と乱れた。右打者への内角球に対する恐怖心は年々、大きくなっているのではないか。

 昨年、ヤクルトの谷内の手首にぶつけて骨折させるなど、8死球を含む78四死球はリーグワーストだったが、今年はさらにヒドい。40回3分の2で36四死球はもちろんリーグワースト。しかも、15年にタイトルを獲得しているように藤浪の持ち味である奪三振は、わずか21個に減っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る