出世より相撲道を追求 ベテラン嘉風は上位陣泣かせの職人

公開日: 更新日:

「確固たる信念を持った力士。あえて言うなら、相撲職人でしょうか」

 ある相撲記者が言う。

 35歳の大ベテラン。相手の懐にもぐり込むことに長けており、武器は角界でも有数の反射神経。時にはフェイントさながらの動きで相手を翻弄する相撲巧者だ。

 それでも最高位は関脇止まり。それも昨年の1、3月で2場所務めただけに過ぎない。

 相撲人生の大半を平幕で過ごしているわけだが、冒頭の記者は「どうも出世欲がないのか……」と、こう続ける。

「出世したくない力士などいないとは思うが、嘉風に限っては、それがなかなか見えない。本人は『星勘定を気にして相撲は取ってない』と話している。確かに『一日一番』は力士の常套句だが、嘉風は本気でそう思っている。嘉風が目指しているのは、勝っても負けても納得のいく相撲。勝敗は結果に過ぎない……という信念です。勝ちたい欲を抑えて、内容に徹するのは難しいが、嘉風はそれを昔から実践している。負けたからといって、途端に口が重くなるようなこともありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

もっと見る