出世より相撲道を追求 ベテラン嘉風は上位陣泣かせの職人

公開日: 更新日:

「確固たる信念を持った力士。あえて言うなら、相撲職人でしょうか」

 ある相撲記者が言う。

 35歳の大ベテラン。相手の懐にもぐり込むことに長けており、武器は角界でも有数の反射神経。時にはフェイントさながらの動きで相手を翻弄する相撲巧者だ。

 それでも最高位は関脇止まり。それも昨年の1、3月で2場所務めただけに過ぎない。

 相撲人生の大半を平幕で過ごしているわけだが、冒頭の記者は「どうも出世欲がないのか……」と、こう続ける。

「出世したくない力士などいないとは思うが、嘉風に限っては、それがなかなか見えない。本人は『星勘定を気にして相撲は取ってない』と話している。確かに『一日一番』は力士の常套句だが、嘉風は本気でそう思っている。嘉風が目指しているのは、勝っても負けても納得のいく相撲。勝敗は結果に過ぎない……という信念です。勝ちたい欲を抑えて、内容に徹するのは難しいが、嘉風はそれを昔から実践している。負けたからといって、途端に口が重くなるようなこともありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  9. 9

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

  10. 10

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

もっと見る