出世より相撲道を追求 ベテラン嘉風は上位陣泣かせの職人

公開日:

「確固たる信念を持った力士。あえて言うなら、相撲職人でしょうか」

 ある相撲記者が言う。

 35歳の大ベテラン。相手の懐にもぐり込むことに長けており、武器は角界でも有数の反射神経。時にはフェイントさながらの動きで相手を翻弄する相撲巧者だ。

 それでも最高位は関脇止まり。それも昨年の1、3月で2場所務めただけに過ぎない。

 相撲人生の大半を平幕で過ごしているわけだが、冒頭の記者は「どうも出世欲がないのか……」と、こう続ける。

「出世したくない力士などいないとは思うが、嘉風に限っては、それがなかなか見えない。本人は『星勘定を気にして相撲は取ってない』と話している。確かに『一日一番』は力士の常套句だが、嘉風は本気でそう思っている。嘉風が目指しているのは、勝っても負けても納得のいく相撲。勝敗は結果に過ぎない……という信念です。勝ちたい欲を抑えて、内容に徹するのは難しいが、嘉風はそれを昔から実践している。負けたからといって、途端に口が重くなるようなこともありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る