稀勢&高安「後援会」も悲鳴 相撲人気の狂騒いつまで続く

公開日: 更新日:

 これも相撲フィーバーの余波だ。

 5月31日、都内のホテルで伝達式を行い、大関昇進を果たした高安(27)。大関横綱問わず、過去の伝達式はすべて、力士が所属する部屋で行われてきた。それが1月の稀勢の里(30)の横綱昇進に続いて、「報道陣が多くて部屋に収納しきれない」という理由で、会場がホテルとなった。まさに前代未聞だ。

 田子ノ浦部屋勢の人気ぶりはこれにとどまらない。高安の出身地にある「高安土浦後援会」はこう言う。

「1月場所の時点で、会員は300人ほど。それが今は700人を超えるのではないか。これまでは入会届や名簿などの書類はボランティアで管理してきたが、まだまだ未処理の書類も多い。正直、処理しきれません(苦笑い)。稀勢の里関の牛久後援会も横綱昇進前は800人だったのが、今では1700人と聞いた。ウチの会員が増えたのも、その影響ですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  10. 9

    阪神“無期限二軍”藤浪トレード再燃…野手獲得の交換要員か

  11. 10

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

もっと見る