稀勢&高安「後援会」も悲鳴 相撲人気の狂騒いつまで続く

公開日:

 これも相撲フィーバーの余波だ。

 5月31日、都内のホテルで伝達式を行い、大関昇進を果たした高安(27)。大関横綱問わず、過去の伝達式はすべて、力士が所属する部屋で行われてきた。それが1月の稀勢の里(30)の横綱昇進に続いて、「報道陣が多くて部屋に収納しきれない」という理由で、会場がホテルとなった。まさに前代未聞だ。

 田子ノ浦部屋勢の人気ぶりはこれにとどまらない。高安の出身地にある「高安土浦後援会」はこう言う。

「1月場所の時点で、会員は300人ほど。それが今は700人を超えるのではないか。これまでは入会届や名簿などの書類はボランティアで管理してきたが、まだまだ未処理の書類も多い。正直、処理しきれません(苦笑い)。稀勢の里関の牛久後援会も横綱昇進前は800人だったのが、今では1700人と聞いた。ウチの会員が増えたのも、その影響ですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る