<千代の国憲輝>恩師の死に号泣した“伊賀の空手力士”

公開日:

東前頭筆頭・九重部屋・26歳

 前頭筆頭で臨んだ5月場所は2勝13敗。それでも182センチ、138キロと細身の体形を生かしたスピード相撲は、ファンに強い印象を与えた。

 2日目は鶴竜から自身初の金星。3日目は稀勢の里に敗れるも、果敢に攻めて横綱を引きずりまわした。これには相撲評論家の中澤潔氏も「負けたけど、株を上げた。あれこそ、お金の取れる相撲です」と、大絶賛だ。

 三重県伊賀市出身。幼少期から武道家の父に空手を習い、中学時代は柔道部に所属。兄が「千代の眞」の四股名で九重部屋に所属していたこともあり(12年に引退)、自身も中学卒業後に角界入りを決めた。ある部屋関係者は「まだ先代九重親方(元横綱千代の富士)が存命だった頃です」と、こう続ける。

「現役力士だった兄を激励するため、名古屋場所中に九重部屋の宿舎を訪れた。千代の国は当時からガタイがよかったですからね。九重親方に一目で気に入られたんです。その後はもう、接待攻勢ですよ。うなぎやら高級和牛のすき焼きなどをたらふく食わせてもらった上に、小遣いまでもらった。そこで九重親方が『おまえ、ウチに来るんだろう?』ですからね。あの千代の富士にそう言われて断れる子供はいませんよ(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る