• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<千代の国憲輝>恩師の死に号泣した“伊賀の空手力士”

東前頭筆頭・九重部屋・26歳

 前頭筆頭で臨んだ5月場所は2勝13敗。それでも182センチ、138キロと細身の体形を生かしたスピード相撲は、ファンに強い印象を与えた。

 2日目は鶴竜から自身初の金星。3日目は稀勢の里に敗れるも、果敢に攻めて横綱を引きずりまわした。これには相撲評論家の中澤潔氏も「負けたけど、株を上げた。あれこそ、お金の取れる相撲です」と、大絶賛だ。

 三重県伊賀市出身。幼少期から武道家の父に空手を習い、中学時代は柔道部に所属。兄が「千代の眞」の四股名で九重部屋に所属していたこともあり(12年に引退)、自身も中学卒業後に角界入りを決めた。ある部屋関係者は「まだ先代九重親方(元横綱千代の富士)が存命だった頃です」と、こう続ける。

「現役力士だった兄を激励するため、名古屋場所中に九重部屋の宿舎を訪れた。千代の国は当時からガタイがよかったですからね。九重親方に一目で気に入られたんです。その後はもう、接待攻勢ですよ。うなぎやら高級和牛のすき焼きなどをたらふく食わせてもらった上に、小遣いまでもらった。そこで九重親方が『おまえ、ウチに来るんだろう?』ですからね。あの千代の富士にそう言われて断れる子供はいませんよ(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    ハワイ移住は本当か 山口達也が療養中とされる施設を直撃

  8. 8

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  9. 9

    “のん待望論”封印「この世界の片隅に」松本穂香キスに絶賛

  10. 10

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

もっと見る