<千代の国憲輝>恩師の死に号泣した“伊賀の空手力士”

公開日: 更新日:

東前頭筆頭・九重部屋・26歳

 前頭筆頭で臨んだ5月場所は2勝13敗。それでも182センチ、138キロと細身の体形を生かしたスピード相撲は、ファンに強い印象を与えた。

 2日目は鶴竜から自身初の金星。3日目は稀勢の里に敗れるも、果敢に攻めて横綱を引きずりまわした。これには相撲評論家の中澤潔氏も「負けたけど、株を上げた。あれこそ、お金の取れる相撲です」と、大絶賛だ。

 三重県伊賀市出身。幼少期から武道家の父に空手を習い、中学時代は柔道部に所属。兄が「千代の眞」の四股名で九重部屋に所属していたこともあり(12年に引退)、自身も中学卒業後に角界入りを決めた。ある部屋関係者は「まだ先代九重親方(元横綱千代の富士)が存命だった頃です」と、こう続ける。

「現役力士だった兄を激励するため、名古屋場所中に九重部屋の宿舎を訪れた。千代の国は当時からガタイがよかったですからね。九重親方に一目で気に入られたんです。その後はもう、接待攻勢ですよ。うなぎやら高級和牛のすき焼きなどをたらふく食わせてもらった上に、小遣いまでもらった。そこで九重親方が『おまえ、ウチに来るんだろう?』ですからね。あの千代の富士にそう言われて断れる子供はいませんよ(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る