<千代の国憲輝>恩師の死に号泣した“伊賀の空手力士”

公開日: 更新日:

東前頭筆頭・九重部屋・26歳

 前頭筆頭で臨んだ5月場所は2勝13敗。それでも182センチ、138キロと細身の体形を生かしたスピード相撲は、ファンに強い印象を与えた。

 2日目は鶴竜から自身初の金星。3日目は稀勢の里に敗れるも、果敢に攻めて横綱を引きずりまわした。これには相撲評論家の中澤潔氏も「負けたけど、株を上げた。あれこそ、お金の取れる相撲です」と、大絶賛だ。

 三重県伊賀市出身。幼少期から武道家の父に空手を習い、中学時代は柔道部に所属。兄が「千代の眞」の四股名で九重部屋に所属していたこともあり(12年に引退)、自身も中学卒業後に角界入りを決めた。ある部屋関係者は「まだ先代九重親方(元横綱千代の富士)が存命だった頃です」と、こう続ける。

「現役力士だった兄を激励するため、名古屋場所中に九重部屋の宿舎を訪れた。千代の国は当時からガタイがよかったですからね。九重親方に一目で気に入られたんです。その後はもう、接待攻勢ですよ。うなぎやら高級和牛のすき焼きなどをたらふく食わせてもらった上に、小遣いまでもらった。そこで九重親方が『おまえ、ウチに来るんだろう?』ですからね。あの千代の富士にそう言われて断れる子供はいませんよ(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る