8度目先発283日ぶり…中日大野“号泣勝利”までの紆余曲折

公開日:

 お立ち台で大粒の涙を流した。

 7日のロッテ戦に先発した中日の大野雄大(28)が7回4安打2失点で今季初勝利。昨年8月28日以来、283日ぶりの白星に、「勝つのって難しいなと改めて感じました」と声を絞り出したその目は真っ赤だった。

 今季2年連続の開幕投手を務めながら一度も勝てず、森監督から二軍行きを示唆されると、「短いイニングで投げたい」と中継ぎ待機を直訴した。しかし、2度目の中継ぎ登板となった先月14日のヤクルト戦で、サヨナラ満塁弾を浴びる最悪の結果に。結局、21日に二軍へ落ち、31日に先発として復帰していた。

 かつて、友利投手コーチは大野の課題についてこう言っていた。

「変化球に頼り過ぎるところがある。勝てないから弱気になっているんだろうけど、逃げていたらずっと勝てない」

 試合後、「泣いているのは情けないですけど、ここから返していきます」と宣言した大野。相手が絶不調のロッテだったとはいえ、8度目の先発でようやく一歩を踏み出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る