24年五輪 ロスがパリに譲った裏に「アメフト追加」の密約

公開日: 更新日:

 24年夏季五輪招致レースが意外な展開になってきた。立候補している2都市が開催を分け合うことになりそうなのだ。

 候補都市のひとつである米ロサンゼルス招致委のワッサーマン委員長は7日(日本時間8日)、「ロスは24年でなければならないとは言っていない」との声明を発表し、24年大会はパリに譲り、28年の開催を目指してもいいとの考えを明らかにした。

 莫大な財政負担を強いられるため、近年は五輪招致から撤退する都市が相次いでいる。五輪に意欲のある2都市が開催をずらすことにIOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長も好意的に捉えているそうで、9日の臨時理事会(スイス・ローザンヌ)で協議する。

 複数の米メディアの報道によれば、ロスによる28年開催は同市のガーセッティ市長がIOCから打診され、その見返りとして青少年スポーツの育成基金への出資を受けるという。ロスにとっては開催が確約される上に、ジュニア世代の強化資金も得られるだけに一挙両得というわけだが、ロス側の狙いはそれだけではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る