24年五輪 ロスがパリに譲った裏に「アメフト追加」の密約

公開日:

 24年夏季五輪招致レースが意外な展開になってきた。立候補している2都市が開催を分け合うことになりそうなのだ。

 候補都市のひとつである米ロサンゼルス招致委のワッサーマン委員長は7日(日本時間8日)、「ロスは24年でなければならないとは言っていない」との声明を発表し、24年大会はパリに譲り、28年の開催を目指してもいいとの考えを明らかにした。

 莫大な財政負担を強いられるため、近年は五輪招致から撤退する都市が相次いでいる。五輪に意欲のある2都市が開催をずらすことにIOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長も好意的に捉えているそうで、9日の臨時理事会(スイス・ローザンヌ)で協議する。

 複数の米メディアの報道によれば、ロスによる28年開催は同市のガーセッティ市長がIOCから打診され、その見返りとして青少年スポーツの育成基金への出資を受けるという。ロスにとっては開催が確約される上に、ジュニア世代の強化資金も得られるだけに一挙両得というわけだが、ロス側の狙いはそれだけではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る