24年五輪 ロスがパリに譲った裏に「アメフト追加」の密約

公開日: 更新日:

 もともと米国は国主導で、24年五輪でのアメリカンフットボールの実施を目指している。競技の世界的な普及を目指すプロフットボールNFLの思惑もあり、開催国に認められる追加種目としての採用に動いていた。

 ロスが24年の開催地をパリに譲るのは、パリ大会での追加種目にアメフトを採用する密約を交わしたともっぱらだ。フランスでは五輪開催に見合う専用競技場はないが、ラグビーが盛んなだけにスタジアムの代用は可能。ロスはパリを取り込んで、24年、28年と2大会連続でアメフトを実施する思惑があるのだ。

 20年東京五輪では「野球・ソフトボール」が追加種目として3大会ぶりに実施されるものの、アメフトの攻勢もあって、1大会で再び姿を消しそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  2. 2

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  3. 3

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  4. 4

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  5. 5

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  6. 6

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  7. 7

    菅政権ブチ上げ「五輪期間テレワーク」計画に怒りの声噴出

  8. 8

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  9. 9

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  10. 10

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

もっと見る