ジョーカーから脱皮 決勝弾のFW横山はなでしこの新救世主

公開日: 更新日:

 4月9日のコスタリカ戦(熊本)から2カ月。

 欧州遠征中のなでしこジャパンが、オランダと対戦(日本時間10日午前1時半開始)し、1―0で勝利を収めた。値千金の決勝ゴールを決めたのは、ここのところ、なでしこジャパンの救世主となっている長野FW横山久美だ。

 59分にピッチに送り出された横山は、いきなりFKを任される。これは惜しくもゴールには至らなかったものの、その2分後、ドリブルから豪快に右足を振り抜いた。

「ここ(オランダ)にきてシュート練習もパーフェクトだったので、そのまま勢いに乗れた」(横山)と、イメージ通りの一発だった。

 ほんの2年前まで、90分間走り切る体力を持ち合わせていなかった。なでしこ入りを果たしたことで弱点は際立ち、重く横山にのしかかった。彼女に90分間を任されることはなく、与えられたのは“ジョーカー”としての役割だった。それでも悔しさを奥底に追いやり、結果を残し続けた。自分自身に「それしかない」といい聞かせるように口にし、苦手な走力アップに懸命に取り組んだ。その成果が表れ始めた今シーズンは、代表でも6ゴールを叩き出すまでになった。

 まさに成長株筆頭の横山。7月にはドイツのブンデスリーガ1部フランクフルトでの挑戦を控えている。23歳のなでしこジャパンエース候補の武者修行にも注目したい。

 (写真・文=早草紀子)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  5. 5

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  6. 6

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る