• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジョーカーから脱皮 決勝弾のFW横山はなでしこの新救世主

 4月9日のコスタリカ戦(熊本)から2カ月。

 欧州遠征中のなでしこジャパンが、オランダと対戦(日本時間10日午前1時半開始)し、1―0で勝利を収めた。値千金の決勝ゴールを決めたのは、ここのところ、なでしこジャパンの救世主となっている長野FW横山久美だ。

 59分にピッチに送り出された横山は、いきなりFKを任される。これは惜しくもゴールには至らなかったものの、その2分後、ドリブルから豪快に右足を振り抜いた。

「ここ(オランダ)にきてシュート練習もパーフェクトだったので、そのまま勢いに乗れた」(横山)と、イメージ通りの一発だった。

 ほんの2年前まで、90分間走り切る体力を持ち合わせていなかった。なでしこ入りを果たしたことで弱点は際立ち、重く横山にのしかかった。彼女に90分間を任されることはなく、与えられたのは“ジョーカー”としての役割だった。それでも悔しさを奥底に追いやり、結果を残し続けた。自分自身に「それしかない」といい聞かせるように口にし、苦手な走力アップに懸命に取り組んだ。その成果が表れ始めた今シーズンは、代表でも6ゴールを叩き出すまでになった。

 まさに成長株筆頭の横山。7月にはドイツのブンデスリーガ1部フランクフルトでの挑戦を控えている。23歳のなでしこジャパンエース候補の武者修行にも注目したい。

 (写真・文=早草紀子)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る