ベルギー戦で先制弾 なでしこ新システムは菅沢のチャンス

公開日: 更新日:

 なでしこジャパンはベルギーとの一戦(日本時間14日午前3時開始)の69分に浦和FW菅沢優衣香のゴールで先制しながらも、その直後に同点弾を許してドローに終わった。

 唯一のスコアラーである菅沢は、3月のアルガルベカップにも招集されたが、ケガの悪化で1試合も出場することなく、離脱を余儀なくされた。

 現在、なでしこリーグでは8ゴールを挙げる活躍を見せている。しかし、持てる力を代表で十分に発揮しているとは言い難い日々。何としてもゴールが欲しかった。

 ベルギー戦で菅沢に与えられた時間は後半からの45分。前半の戦いをベンチから見ていた菅沢は相手DFの裏のスペースを狙っていた。しかし、ゴールは思わぬ形で生まれる。日テレ・ベレーザFW籾木結花のFKを相手DFがクリアミス。それが菅沢の足元へこぼれたのである。「ニアを予測していたけど、セカンドボールもしっかりと狙えていた」(菅沢)とイメージ通り、左足インステップで決めてみせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る