イラク戦ドローで露呈 ハリル日本vs豪州戦に“3つの不安”

公開日: 更新日:

 ハリルホジッチ日本代表は、酷暑のイランから「勝ち点1」を持ち帰るにとどまった。テヘランで行われた18年ロシアW杯アジア最終予選イラク戦が、1―1の引き分けに終わったからである。

 日本は前半8分に右CK。FW大迫勇也が、バックヘッド気味のワザありシュートを決めた。しかし、ここからイラクのペースで試合が進んだ。

 試合後、大迫が「1点を取った後に重心が下がり、2点目を取りに行く意識がないのが残念」とコメントしたが、攻めあぐんだ日本は後半27分に同点に追い付かれると万事休す。既にW杯予選B組敗退が決まり、目標を失っているイラク相手に痛恨のドロー劇である。

 何とか勝ち点17でB組首位をキープした日本だが、最終予選の残り2試合の相手は、勝ち点16で3位のオーストラリア(8月31日)、そして同16で2位に付けるサウジアラビア(9月5日)である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

  9. 9

    先物が最高値 GW10連休を襲うガソリン髙と値上げラッシュ

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る