日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東京マラソン2時間3分台 キプサングは年間いくら稼ぐ?

 2月26日の東京マラソンは、事前の予想通り、前世界記録保持者のウィルソン・キプサング(34=ケニア)が、国内最高の2時間3分58秒の走りで優勝した。5日号砲のびわ湖毎日には大物招待選手はいないが、キプサングが今ほど有名ではなかった2011年には、びわ湖毎日に出場。2時間6分13秒の時計で優勝している。

 マラソンレースに世界的なトップランナーを呼ぶには、相応の招待料を支払わなければならない。スポーツライターの高野祐太氏がこう言う。

「短距離のボルトは最低20万ドル(約2280万円)、マラソンのキプサングなら10万ドル(約1140万円)以上の招待料を受け取っていると聞いたことがある。商業的価値の高い選手が出場すれば、大会の注目度はアップします。世界のトップランナーになれば、スポーツ用具メーカーとも高額のスポンサー契約を結んでいる。今年の世界選手権(ロンドン)を最後に引退するボルトはかつて、契約メーカーの縛りから、自分で引退時期を決められないともいわれていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事