東京マラソン2時間3分台 キプサングは年間いくら稼ぐ?

公開日:

 2月26日の東京マラソンは、事前の予想通り、前世界記録保持者のウィルソン・キプサング(34=ケニア)が、国内最高の2時間3分58秒の走りで優勝した。5日号砲のびわ湖毎日には大物招待選手はいないが、キプサングが今ほど有名ではなかった2011年には、びわ湖毎日に出場。2時間6分13秒の時計で優勝している。

 マラソンレースに世界的なトップランナーを呼ぶには、相応の招待料を支払わなければならない。スポーツライターの高野祐太氏がこう言う。

「短距離のボルトは最低20万ドル(約2280万円)、マラソンのキプサングなら10万ドル(約1140万円)以上の招待料を受け取っていると聞いたことがある。商業的価値の高い選手が出場すれば、大会の注目度はアップします。世界のトップランナーになれば、スポーツ用具メーカーとも高額のスポンサー契約を結んでいる。今年の世界選手権(ロンドン)を最後に引退するボルトはかつて、契約メーカーの縛りから、自分で引退時期を決められないともいわれていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る