東京マラソン2時間3分台 キプサングは年間いくら稼ぐ?

公開日: 更新日:

 2月26日の東京マラソンは、事前の予想通り、前世界記録保持者のウィルソン・キプサング(34=ケニア)が、国内最高の2時間3分58秒の走りで優勝した。5日号砲のびわ湖毎日には大物招待選手はいないが、キプサングが今ほど有名ではなかった2011年には、びわ湖毎日に出場。2時間6分13秒の時計で優勝している。

 マラソンレースに世界的なトップランナーを呼ぶには、相応の招待料を支払わなければならない。スポーツライターの高野祐太氏がこう言う。

「短距離のボルトは最低20万ドル(約2280万円)、マラソンのキプサングなら10万ドル(約1140万円)以上の招待料を受け取っていると聞いたことがある。商業的価値の高い選手が出場すれば、大会の注目度はアップします。世界のトップランナーになれば、スポーツ用具メーカーとも高額のスポンサー契約を結んでいる。今年の世界選手権(ロンドン)を最後に引退するボルトはかつて、契約メーカーの縛りから、自分で引退時期を決められないともいわれていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る