死球を危機一髪回避 ロッテ新大砲ペーニャ新加入2打点目

公開日: 更新日:

「ここだよ、ここ」

 ボールが当たった箇所を指さして松山コーチに説明しているのがロッテのペーニャ。九回1死満塁のチャンスに、オリックス4番手の黒木が投じた初球が頭部付近に向かってきた。ヘルメットの前部をかすっただけで事なきを得たが、黒木は危険球で退場。死球による押し出しで貴重な追加点となった。

 2012年からソフトバンク、オリックス、楽天と4年間プレーして通算71本塁打、222打点。貧打に苦しむ伊東監督は大きな期待を寄せている。

 初回には左前適時打で入団初打点を挙げ、バットが錆びついていないことを自ら証明した35歳の助っ人は「マリーンズの一員としてプレー出来ることがうれしい。もっともっと貢献していきたい」と言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  8. 8

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

  9. 9

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る