2年ぶりHRにリードも冴え ベイ嶺井「正捕手」昇格見えた

公開日: 更新日:

「まぐれです」

 謙虚なコメントからも性格が分かる。

 25日、ヤクルト戦で今季初本塁打を放ったDeNAの嶺井博希(26)。2年ぶりのアーチにも浮かれることなく「(先発の)今永を援護できてうれしい。守備も頑張ります」と控えめに話した。

 この日はスタメンでマスクをかぶったが、いつもは「2番手」捕手。正捕手には勝負強い戸柱が座り、嶺井の出場試合数はここまで「15」にとどまっている。

「戸柱は外国人投手や(自分より)年上の投手にも意見を言ったり、指摘もする。投手をコントロールすることができるので、その積極性が光山バッテリーコーチから買われている。嶺井は性格的に少し優しすぎる部分があるので、司令塔としては物足りなさを感じることもあるようです」(DeNA関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  6. 6

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  7. 7

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  10. 10

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

もっと見る