“強制終了”の過去あり セ首位打者ベイ宮崎は「練習の虫」

公開日: 更新日:

 意外な名前がセの打率トップに立っている。昨19日のオリックス戦でも3打数2安打2打点と活躍し、打率.342で首位打者をキープしたDeNAの宮崎敏郎(28)だ。昨年までの入団4年間の通算打率が.283だった男がバットマンレースを牽引しているのだ。

 小川打撃コーチがこう言う。

「変化球の見極めができるようになった。もともと、手首の柔らかさとヒジをうまくたためる器用さはあったんです。だから、ボールを手元まで引き寄せられる。それが、選球眼にもつながるようになった」

 実際、三振数はリーグ最少の19(52試合)。打率.333で2位につける広島・丸の55三振(67試合)に比べてもはるかに少なく、「右の安打製造機」の異名を取るソフトバンクの内川(53試合で17三振)に匹敵する数字だ。その確実性には、ラミレス監督も「バットコントロールはセ・リーグでナンバーワン」と太鼓判を押すのだが、その技術を支え、才能を花開かせたのが、豊富な練習量である。選手やコーチの誰に聞いても、「練習の虫」と口を揃える。デーゲームの日は朝7時前には球場入りし、ひとり黙々とバットを振っている姿はベイスターズの日常的光景だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  6. 6

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  7. 7

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  10. 10

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

もっと見る