“強制終了”の過去あり セ首位打者ベイ宮崎は「練習の虫」

公開日:

 意外な名前がセの打率トップに立っている。昨19日のオリックス戦でも3打数2安打2打点と活躍し、打率.342で首位打者をキープしたDeNAの宮崎敏郎(28)だ。昨年までの入団4年間の通算打率が.283だった男がバットマンレースを牽引しているのだ。

 小川打撃コーチがこう言う。

「変化球の見極めができるようになった。もともと、手首の柔らかさとヒジをうまくたためる器用さはあったんです。だから、ボールを手元まで引き寄せられる。それが、選球眼にもつながるようになった」

 実際、三振数はリーグ最少の19(52試合)。打率.333で2位につける広島・丸の55三振(67試合)に比べてもはるかに少なく、「右の安打製造機」の異名を取るソフトバンクの内川(53試合で17三振)に匹敵する数字だ。その確実性には、ラミレス監督も「バットコントロールはセ・リーグでナンバーワン」と太鼓判を押すのだが、その技術を支え、才能を花開かせたのが、豊富な練習量である。選手やコーチの誰に聞いても、「練習の虫」と口を揃える。デーゲームの日は朝7時前には球場入りし、ひとり黙々とバットを振っている姿はベイスターズの日常的光景だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る