満塁弾のベイ宮崎 成長ぶりはラミレス監督の“注文”以上

公開日:

 打った瞬間、それとわかる打球だった。

 DeNAの宮崎敏郎(28)のバットが、昨15日のロッテ戦で火を噴いた。「5番・三塁」で出場したこの日、1点ビハインドの五回1死満塁の場面で、逆転となる5号満塁弾を左翼スタンドに放り込んだ。

 15日現在、打率.339でセの首位打者を走る宮崎だが、DeNAファン以外には馴染みが薄いだろう。昨季は主に5番打者として、11本塁打、36打点、打率.291。12年ドラフト6位(セガサミー)という下位指名ながら、類いまれな打撃センスを開花させ、レギュラーを掴みかけた。

 もっとも、ラミレス監督の目にはまだまだ未熟と映ったのか、16年度のシーズン総括では、「(相手バッテリーが)筒香と勝負してくれるような5番が必要」と話していた。

 それがいまや、セの首位打者というのだから、文句はないはず。お立ち台では「(満塁弾は)奇跡です!」と破顔した宮崎に、ラミちゃんも満足か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る