満塁弾のベイ宮崎 成長ぶりはラミレス監督の“注文”以上

公開日: 更新日:

 打った瞬間、それとわかる打球だった。

 DeNAの宮崎敏郎(28)のバットが、昨15日のロッテ戦で火を噴いた。「5番・三塁」で出場したこの日、1点ビハインドの五回1死満塁の場面で、逆転となる5号満塁弾を左翼スタンドに放り込んだ。

 15日現在、打率.339でセの首位打者を走る宮崎だが、DeNAファン以外には馴染みが薄いだろう。昨季は主に5番打者として、11本塁打、36打点、打率.291。12年ドラフト6位(セガサミー)という下位指名ながら、類いまれな打撃センスを開花させ、レギュラーを掴みかけた。

 もっとも、ラミレス監督の目にはまだまだ未熟と映ったのか、16年度のシーズン総括では、「(相手バッテリーが)筒香と勝負してくれるような5番が必要」と話していた。

 それがいまや、セの首位打者というのだから、文句はないはず。お立ち台では「(満塁弾は)奇跡です!」と破顔した宮崎に、ラミちゃんも満足か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る