満塁弾のベイ宮崎 成長ぶりはラミレス監督の“注文”以上

公開日: 更新日:

 打った瞬間、それとわかる打球だった。

 DeNAの宮崎敏郎(28)のバットが、昨15日のロッテ戦で火を噴いた。「5番・三塁」で出場したこの日、1点ビハインドの五回1死満塁の場面で、逆転となる5号満塁弾を左翼スタンドに放り込んだ。

 15日現在、打率.339でセの首位打者を走る宮崎だが、DeNAファン以外には馴染みが薄いだろう。昨季は主に5番打者として、11本塁打、36打点、打率.291。12年ドラフト6位(セガサミー)という下位指名ながら、類いまれな打撃センスを開花させ、レギュラーを掴みかけた。

 もっとも、ラミレス監督の目にはまだまだ未熟と映ったのか、16年度のシーズン総括では、「(相手バッテリーが)筒香と勝負してくれるような5番が必要」と話していた。

 それがいまや、セの首位打者というのだから、文句はないはず。お立ち台では「(満塁弾は)奇跡です!」と破顔した宮崎に、ラミちゃんも満足か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  5. 5

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  6. 6

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  9. 9

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

  10. 10

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る