代打で同点適時打も ハム大谷“一振り限定起用”いつまで?

公開日: 更新日:

 結果は出した。日本ハム大谷翔平(22)が復帰2打席目に同点適時打となる安打を放った。

 28日のソフトバンク戦。1点を追う五回2死一、二塁の場面で代打出場。フルカウントからの8球目、武田の内角スライダーを詰まりながらも左前に落とした。

 大谷の現在の打率は4割1分4厘。4割打者の近藤が椎間板ヘルニアで離脱したいま、チームで最も期待できるバッターだ。

 本来ならDHでフルに使いたいところだが、全力疾走できないという縛りがあるため、それもできない。したがって、起用は試合の行方を左右するチャンスの代打に限られる。

 起用法はかなり限定されるものの、大谷以上の打者がチームにいないのだから、ベンチに置いて、そのひと振りを有効活用する以外にない。

 昨夜は中盤の同点機にジョーカーを使い、結果も出た。そこから突き放してしかるべきなのに、いまの日本ハムは切り札のひと振りが勝敗に結び付かない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  7. 7

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  8. 8

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  9. 9

    施政方針演説に疑問…コロナ収束より東京五輪開催が本音?

  10. 10

    コロナ禍で失業「食料品を1年間買わないことにしました」

もっと見る