日ハム4割打者・近藤 ヘルニア手術で今季絶望のダメージ

公開日: 更新日:

 開幕から4割をマークしていた日本ハム近藤健介(23)が26日、椎間板ヘルニアの手術を受けることになった。

 28日に徳島県内の病院で脊椎内視鏡手術を行うという。

「シーズン中にチームを離れることは申し訳ないし、残念な思いもある。手術後は一日も早く元気な姿を見せられるようリハビリに励むつもりです」とは本人だが、今季中の復帰はほぼ絶望的だ。

 もともと捕手で、投手以外、すべてのポジションをこなすユーティリティープレーヤー。試合に出られるならばどこでも守らせてほしいというタイプだから、首脳陣は重宝する。

 今季はケガで離脱中の大谷に代わってDHが多かったが、キャンプ中は二塁も練習。二遊間を守る石井や中島や田中賢らに刺激を与えるだけでなく、他のポジションの選手にも緊張感を植え付けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る