日ハム4割打者・近藤 ヘルニア手術で今季絶望のダメージ

公開日: 更新日:

 開幕から4割をマークしていた日本ハムの近藤健介(23)が26日、椎間板ヘルニアの手術を受けることになった。

 28日に徳島県内の病院で脊椎内視鏡手術を行うという。

「シーズン中にチームを離れることは申し訳ないし、残念な思いもある。手術後は一日も早く元気な姿を見せられるようリハビリに励むつもりです」とは本人だが、今季中の復帰はほぼ絶望的だ。

 もともと捕手で、投手以外、すべてのポジションをこなすユーティリティープレーヤー。試合に出られるならばどこでも守らせてほしいというタイプだから、首脳陣は重宝する。

 今季はケガで離脱中の大谷に代わってDHが多かったが、キャンプ中は二塁も練習。二遊間を守る石井や中島や田中賢らに刺激を与えるだけでなく、他のポジションの選手にも緊張感を植え付けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る