日ハム4割打者・近藤 ヘルニア手術で今季絶望のダメージ

公開日:

 開幕から4割をマークしていた日本ハムの近藤健介(23)が26日、椎間板ヘルニアの手術を受けることになった。

 28日に徳島県内の病院で脊椎内視鏡手術を行うという。

「シーズン中にチームを離れることは申し訳ないし、残念な思いもある。手術後は一日も早く元気な姿を見せられるようリハビリに励むつもりです」とは本人だが、今季中の復帰はほぼ絶望的だ。

 もともと捕手で、投手以外、すべてのポジションをこなすユーティリティープレーヤー。試合に出られるならばどこでも守らせてほしいというタイプだから、首脳陣は重宝する。

 今季はケガで離脱中の大谷に代わってDHが多かったが、キャンプ中は二塁も練習。二遊間を守る石井や中島や田中賢らに刺激を与えるだけでなく、他のポジションの選手にも緊張感を植え付けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る