日ハム4割打者・近藤 ヘルニア手術で今季絶望のダメージ

公開日:

 開幕から4割をマークしていた日本ハムの近藤健介(23)が26日、椎間板ヘルニアの手術を受けることになった。

 28日に徳島県内の病院で脊椎内視鏡手術を行うという。

「シーズン中にチームを離れることは申し訳ないし、残念な思いもある。手術後は一日も早く元気な姿を見せられるようリハビリに励むつもりです」とは本人だが、今季中の復帰はほぼ絶望的だ。

 もともと捕手で、投手以外、すべてのポジションをこなすユーティリティープレーヤー。試合に出られるならばどこでも守らせてほしいというタイプだから、首脳陣は重宝する。

 今季はケガで離脱中の大谷に代わってDHが多かったが、キャンプ中は二塁も練習。二遊間を守る石井や中島や田中賢らに刺激を与えるだけでなく、他のポジションの選手にも緊張感を植え付けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る