ロナウド“安全運転”が災い ポルトガルがコンフェデSF敗退

公開日:  更新日:

 ロシアで開催されている18年W杯の1年前プレ大会「コンフェデ杯」。

 優勝候補のポルトガルが、日本時間29日午前3時キックオフの準決勝でチリ相手に大苦戦。0―0から延長でも決着が付かず、PK戦ではポルトガルが1番手から3連続失敗。大会初出場のチリが決勝に進出した。

 ポルトガルの絶対的エースFWクリスティアーノ・ロナウドは120分間フル出場したが、PK戦出番なしでチームの敗退を見届けた。コンフェデ杯を主催するFIFA(国際サッカー連盟)は、目玉選手がいなくなってガッカリだろうが、「C・ロナウドの移籍先と言われている英プレミアの強豪マンチェスター・ユナイテッドのチーム関係者は大喜びです」とあるサッカーライターがこう続ける。

「コンフェデ杯が終わった後、C・ロナウドは所属しているスペインの名門レアル・マドリードを離れ、マンU移籍が内定しているともっぱら。移籍金だけで200億円以上のカネが動くビッグビジネスだけに、今の時期にケガをするワケにはいかない。実際、コンフェデ杯のC・ロナウドは、常に60%くらいの力しか出しておらず、チリ戦も手抜きプレーでした。マンU関係者は無傷で大会を去ることになり、胸をなで下ろしているでしょう」

 そういうことなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る