コンフェデ杯チリ戦で披露 豪州3DFを日本はどう攻める

公開日:

 18年ロシアW杯の1年前プレ大会としてロシアで開催中の「コンフェデ杯」(次期W杯開催国ロシアと14年ブラジルW杯優勝国ドイツと各大陸別王者6カ国が参加)。

 日本時間26日午前0時にグループB組の2試合がキックオフされ、ベスト4が出そろった。

 日本代表が8月31日のロシアW杯最終予選で対戦するオーストラリアは、南米の強豪チリと対戦した。実力上位のチリに対してオーストラリアは、守備的MFにルオンゴとアービンのイングランド2部所属選手を初先発させた。2人ともフィジカルが強くて運動量豊富。特にボール奪取能力が高く、個人技に勝るチリ選手が手を焼くシーンも少なくなかった。

 3DFは、DFセインズベリーが定位置のセンターに入り、右DFにはレギュラー格のDFライトに代わってMFミリガンが、左DFにはDFデゲネクに代わってDFマクガワンが先発出場。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る