過去に協会でも発覚 J常務“ハレンチ行為”は氷山の一角か

公開日: 更新日:

 日本サッカー協会(JFA)にしても、Jリーグにしても「セクハラおやじが横行するような不適切な職場なの?」と言われても反論できないだろう。27日、Jリーグ村井チェアマンが「中西大介常務理事(51)によるパワハラとセクハラが認められ、辞任の申し出を受理した」と発表した。

「勤務時間中に(J女性職員に対して)高頻度で電話をかけたり、映画や美術館に誘って不快感を持たれた」(村井氏)

 中西氏といえば、Jリーグが17年から英パフォーム社「ダ・ゾーン」と10年・2100億円の巨額放映権を結んだ際の中心人物。大商いを取り仕切って増上慢になってしまったのだろう。「オレが莫大なカネをJリーグにもたらした」と吹聴するようになり、「部下や関連会社の職員にエラソーな物言いをして煙たがられていた」(マスコミ関係者)ともっぱら。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る