過去に協会でも発覚 J常務“ハレンチ行為”は氷山の一角か

公開日: 更新日:

 日本サッカー協会(JFA)にしても、Jリーグにしても「セクハラおやじが横行するような不適切な職場なの?」と言われても反論できないだろう。27日、Jリーグ村井チェアマンが「中西大介常務理事(51)によるパワハラとセクハラが認められ、辞任の申し出を受理した」と発表した。

「勤務時間中に(J女性職員に対して)高頻度で電話をかけたり、映画や美術館に誘って不快感を持たれた」(村井氏)

 中西氏といえば、Jリーグが17年から英パフォーム社「ダ・ゾーン」と10年・2100億円の巨額放映権を結んだ際の中心人物。大商いを取り仕切って増上慢になってしまったのだろう。「オレが莫大なカネをJリーグにもたらした」と吹聴するようになり、「部下や関連会社の職員にエラソーな物言いをして煙たがられていた」(マスコミ関係者)ともっぱら。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  4. 4

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  7. 7

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  8. 8

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  9. 9

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  10. 10

    テレ朝がすがる沢口靖子 米倉失速で“新・ドラマの女王”に

もっと見る