二軍戦に登板の日ハム大谷 球宴明けにも「二刀流復帰」か

公開日: 更新日:

 常識で考えれば、あり得ない話ではないか。

 日本ハムの栗山監督が29日、大谷翔平(22)を7月1日のイースタン・リーグ西武戦に登板させることを明らかにした。

「状態は良さそうなので、ファームで投げさせます。投げれば、前に進む。打つ、振る、投げることに関してはできているので、細かい部分をチェックしたい」とは栗山監督だ。

 大谷は右足首痛の影響で、今季は実戦での登板がまだない。野手として開幕を迎えたものの、4月8日に左太もも裏側の肉離れ。2カ月半戦列を離れ、今月23日に一軍登録されたばかりだ。

 復帰したとはいえ、代打で2試合に出場しただけ。DHとしてフル出場しないのも、まだ、下半身が万全でないからだといわれていた。

 下半身に不安を抱えたまま投げれば、患部をかばおうとしていきおい、上体に頼ったフォームになる。投手の生命線ともいうべき肩や肘を痛める可能性すら生じる。そんなことは首脳陣も百も承知だろうに、なんだって投手としての復帰を急ぐのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る