• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マー君&ダル 日本人エース2人が前半戦黒星でともに8敗目

 日本人先発右腕が揃って前半戦最後のマウンドで白星を手にできなかった。ともに8敗目を喫したヤンキース・田中将大(28)、レンジャーズ・ダルビッシュ有(30)のことだ。

 田中はブルワーズ戦に登板し、4回3分の1を2本塁打含む6安打5失点、5奪三振2四死球だった。ナ・リーグ中地区首位に立つ好調なブルワーズ打線に初回からつかまる。連打で1死一、三塁とされ、4番ショウに甘く入った変化球を右翼スタンドに叩き込まれ3点の先制を許す。この日の田中は変化球の精度を欠き、続く二回には7番ボグトにツーシームを捉えられて一発を浴びた。五回、1死後に連打を浴びたところで、ジラルディ監督は限界と判断したのだろう。わずか83球でKOである。

 試合後の田中は「球自体も走っていなかったし、制球もばらつきがあった。(本塁打は)自分の狙ったところに2球とも全然投げられていない」と自身への苛立ちを隠さなかった。5月から6月にかけて6連敗を喫しただけに「良くなかった期間が長かったので、すごく苦しい前半戦だった」と振り返った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る