マー君&ダル 日本人エース2人が前半戦黒星でともに8敗目

公開日: 更新日:

 日本人先発右腕が揃って前半戦最後のマウンドで白星を手にできなかった。ともに8敗目を喫したヤンキース・田中将大(28)、レンジャーズ・ダルビッシュ有(30)のことだ。

 田中はブルワーズ戦に登板し、4回3分の1を2本塁打含む6安打5失点、5奪三振2四死球だった。ナ・リーグ中地区首位に立つ好調なブルワーズ打線に初回からつかまる。連打で1死一、三塁とされ、4番ショウに甘く入った変化球を右翼スタンドに叩き込まれ3点の先制を許す。この日の田中は変化球の精度を欠き、続く二回には7番ボグトにツーシームを捉えられて一発を浴びた。五回、1死後に連打を浴びたところで、ジラルディ監督は限界と判断したのだろう。わずか83球でKOである。

 試合後の田中は「球自体も走っていなかったし、制球もばらつきがあった。(本塁打は)自分の狙ったところに2球とも全然投げられていない」と自身への苛立ちを隠さなかった。5月から6月にかけて6連敗を喫しただけに「良くなかった期間が長かったので、すごく苦しい前半戦だった」と振り返った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  4. 4

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  5. 5

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  6. 6

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  7. 7

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  8. 8

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  9. 9

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  10. 10

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る