マー君&ダル 日本人エース2人が前半戦黒星でともに8敗目

公開日:  更新日:

 日本人先発右腕が揃って前半戦最後のマウンドで白星を手にできなかった。ともに8敗目を喫したヤンキース・田中将大(28)、レンジャーズ・ダルビッシュ有(30)のことだ。

 田中はブルワーズ戦に登板し、4回3分の1を2本塁打含む6安打5失点、5奪三振2四死球だった。ナ・リーグ中地区首位に立つ好調なブルワーズ打線に初回からつかまる。連打で1死一、三塁とされ、4番ショウに甘く入った変化球を右翼スタンドに叩き込まれ3点の先制を許す。この日の田中は変化球の精度を欠き、続く二回には7番ボグトにツーシームを捉えられて一発を浴びた。五回、1死後に連打を浴びたところで、ジラルディ監督は限界と判断したのだろう。わずか83球でKOである。

 試合後の田中は「球自体も走っていなかったし、制球もばらつきがあった。(本塁打は)自分の狙ったところに2球とも全然投げられていない」と自身への苛立ちを隠さなかった。5月から6月にかけて6連敗を喫しただけに「良くなかった期間が長かったので、すごく苦しい前半戦だった」と振り返った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る