マー君&ダル 日本人エース2人が前半戦黒星でともに8敗目

公開日: 更新日:

 日本人先発右腕が揃って前半戦最後のマウンドで白星を手にできなかった。ともに8敗目を喫したヤンキース・田中将大(28)、レンジャーズ・ダルビッシュ有(30)のことだ。

 田中はブルワーズ戦に登板し、4回3分の1を2本塁打含む6安打5失点、5奪三振2四死球だった。ナ・リーグ中地区首位に立つ好調なブルワーズ打線に初回からつかまる。連打で1死一、三塁とされ、4番ショウに甘く入った変化球を右翼スタンドに叩き込まれ3点の先制を許す。この日の田中は変化球の精度を欠き、続く二回には7番ボグトにツーシームを捉えられて一発を浴びた。五回、1死後に連打を浴びたところで、ジラルディ監督は限界と判断したのだろう。わずか83球でKOである。

 試合後の田中は「球自体も走っていなかったし、制球もばらつきがあった。(本塁打は)自分の狙ったところに2球とも全然投げられていない」と自身への苛立ちを隠さなかった。5月から6月にかけて6連敗を喫しただけに「良くなかった期間が長かったので、すごく苦しい前半戦だった」と振り返った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  6. 6

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  7. 7

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  8. 8

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  9. 9

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

  10. 10

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

もっと見る